●一般診療のお問い合わせ

0120-50-5929

03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

0120-70-5929

03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木曜・祝日休)

肌:シミ

増殖し濃くなるため早めのお手当を!

老化のレッテルのように顔、手など露出部にできる厄介で手ごわいシミ、ホクロ。いつの間にか現れ、増殖し、濃くなるので早めのお手当てが大切です。

シミの種類はさまざまで、きめ細かな対応が必要です

<種類>
老人性色素斑、脂漏性角化症、肝斑、雀卵斑(ソバカス)などさまざまな種類があります。

  • 老人性色素斑
    30代頃からでき始めます。紫外線によって光老化が進行した結果、起こります。
  • 脂漏性角化症(老人性疣贅)
    20代後半から見られ、加齢に伴って増加増大し、顔面や頭部の脂漏部位(皮脂の多く出る部位)に多く生じます。扁平な隆起性または有茎性(くきがある)で、表面は疣状(いぼ状)で大きさや色は肌色から褐色〜黒色と幅広く、老人性色素斑と混在することが多いです。
  • 肝斑
    30〜40代の女性特有のシミの1種で、目の下や両頬などに広がり、放っておくと範囲が広がり、徐々に色濃くなり、治りにくく頑固なシミとなります。
  • 雀卵斑(ソバカス)
    褐色の小色素斑が、顔面などの露出部に多発します(紫外線により夏に増殖し、冬に軽減する)。
  • 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
  • 炎症性色素沈着

メラニン色素が深い部分にあるシミ(古いシミ)や、お薬では効果が出ないシミなどは医療レーザー治療でしか消せません。

<原因>
紫外線や加齢による色素細胞の増殖で、主に表皮細胞中のメラノサイトが、紫外線刺激でメラニン色素が増加沈着してシミになります。若い頃は新陳代謝でメラニン色素が減りますが、中年以後になると新陳代謝が悪くなってメラニン色素が沈着しやすくなり、シミが増えるのです。紫外線以外の原因としては、精神的ストレス、内臓障害、内分泌の失調、体質や食生活などがあります。

  • 精神的ストレス
    ストレスによって、脳下垂体から分泌されるメラニン細胞刺激ホルモンが影響し、メラニン色素の増加を促進するといわれています。
  • 内臓障害
    副腎機能不全の病気、疾患がシミの原因であるメラニン色素の増加を促進するといわれています。
  • 内分泌の失調
    女性ホルモンはメラノサイトを刺激し、メラニンを増加させると言われています。肝斑は、ホルモンとの関連が指摘されていま女性ホルモンはメラノサイトを刺激し、メラニン色素を増加させるといわれています。肝斑はホルモンとの関連が指摘されていますが、スキンケアの問題、特にこすりすぎなどが原因という説もあります。
  • 体質や食生活

当クリニックのおすすめ治療法

平らなシミ:QスイッチYAGレーザー

※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

    日本人の肌に合わせ、効果的に治療!

    日本人にはメラニン色素が多いため、日本人の肌に合わせ、メラニン色素を持った細胞だけに反応するという特性を生かして、効果的な治療を行える治療法です。
    当クリニックでは以前Qスイッチルビーレーザーを導入していましたが、基本対象が白人向けのもので、どうしてもメラニン色素の多い日本人の肌には満足いくものではありませんでした。そこで今回導入したのが、日本人の肌に合う日本製のYAGレーザー「MedLite(メドライト)C3」なのです。

    色素だけを標的に治療

    ・メラニン色素を持つ細胞だけに反応するというレーザーの性質を生かした治療法です。
    ・ 周囲の組織を傷つけることなく、色素だけを消します。
    ・ 傷痕を残す心配はほとんどありません。
    ・ 痛みもほとんどなく、治療は短時間で終了します(痛みの感覚は個人差があります)。
    ・ シミ・ソバカス、あざ、タトゥー、アートメイクの除去など幅広い治療に用います。
    ・ 色素の除去と同時に素肌にハリ、ツヤを与えます。

    このような症状に有効です

    • 平らなシミ

      色素の除去とともに素肌にハリ、ツヤを与えます。

    QスイッチYAGレーザーの治療の流れ

    ※こちらは標準の治療の流れです。
    ※具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

    1. STEP1

      専門の医師が診察を行い、あざの種類をよく見極め、治療方法を決定します。

    2. STEP2

      痛みは軽度なので、ほとんどの場合、麻酔は必要ありません。
      広い範囲を同時に治療する方や痛みに弱い方には、治療前にテープ状の麻酔やクリーム状の麻酔を使用します。

    3. STEP3

      レーザー照射を行う際には強い光が出ますので、目を保護するために金属製のゴーグルでカバーします。
      レーザー照射時には輪ゴムではじかれるような軽い痛みがありますが、アイスパックでよく冷やすことで痛みが和らぎます。
      照射直後のヒリヒリ感は、20~30分ほどで軽快します。

    4. STEP4

      治療後、肌色のテープで治療した部分を10日間ほど保護します。
      テープがはがれたときのために貼り替え用のテープをお渡しします。はがれないかぎりは貼りっぱなしにし、無理にはがさないようにしてください。
      テープを貼りたくない場合は、塗り薬や特殊コンシーラーによる保護も可能です。

    5. STEP5

      テープを取った後は、色素沈着を防ぐため日焼けをしないように注意してください。
      色素沈着の兆候が見られた場合には、美白剤(ハイドロキノン)を使用する場合があります。

    *レーザー治療は、シミの種類や肌質によって1回ではなく複数回必要な場合があります。
    *レーザー照射から1カ月ほど経過した頃に、反応性の色素沈着が起こることがあります。原因は肌質(メラニン活性が強い)や日焼け、こするなどの機械的刺激が多いようです。これはシミの悪化や再発ではなく一時的なものです。術後のケアをしっかり行えば通常3~6カ月で治まります。
    *治療後も、ご質問・ご心配事等ありましたらいつでもお問い合わせください。

    症例写真

    ※メーカー提供症例写真

    ※メーカー提供症例写真

    副作用

    • 炎症性色素沈着の他に、色素脱失・瘢痕・脱毛などが起こることがあります。
      • 色素沈着:レーザー照射による炎症性の色素沈着は一時的なもので、通常3~6カ月で治まります。
      • 色素脱失:限界を超える回数で治療を行うと、色素が抜けすぎて周りの皮膚より白くなってしまうことがあります。
      • 瘢痕:強い出力で繰り返し照射することで、まれに瘢痕化することがあります。
      • 脱毛:シミが眉毛やもみあげと重なっている場合、レーザー照射により脱毛が生じることがあります。
    • 治療効果や副作用には個人差がございます。
    • 主観的な満足を得られないことや客観的に結果が変わらないことがまれにあります。ご理解いただいた上で治療をお受けください。

    注意事項

    • 入浴

      当日より可能です。治療部位はぬれても大丈夫ですが、温めすぎないよう、またテープがはがれないよう注意してください。

    • 飲酒

      当日より可能です。

    • 日焼け

      しないようにしてください。特に治療期間中の紫外線のUVケアは怠らないようにしてください。

    • 治療できない方

      皮膚に強い日焼けがある場合は時間を置いてからの治療をおすすめします。

    ※治療できない方の中でも例外があります。詳細はご相談ください。
    ※不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。
    ※治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数が異なる場合もあります。

    Q&A

    QスイッチYAGレーザーについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

    費用

    費用については、費用ページをご確認ください。
    ※クレジットカードによっては、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。