●一般診療のお問い合わせ

0120-50-5929

03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

0120-70-5929

03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木曜・祝日休)

顔:傷跡

外傷、やけど、術後などに残ります

傷跡は、医学的用語では瘢痕(はんこん)という言い方をします。外傷、やけど、手術の後に残るものの総称です。大きさ、深さ、部位、細菌感染などによって傷跡の残り方は変わってきます。形成外科的な治療は、傷が盛り上がってくる肥厚性瘢痕に対して、傷を負ってから半年以上を経た頃に実施します。

傷が盛り上がった症例には瘢痕形成術が適応

傷は治った後、赤みを帯びて硬くなり、時間の経過とともに白っぽく柔らかく目立たなくなっていきます。3カ月間は不安定で、傷跡の幅が大きくなったり、傷が盛り上がる肥厚性瘢痕、ケロイドという状態になったりします。瘢痕形成術は肥厚性瘢痕に対して適応され、ケロイドについてはステロイド注入、外用薬や内服薬による治療などが中心となります。傷跡の性質について、専門医の意見を聞いて治療方法をよく検討するべきです。

当クリニックのおすすめ治療法

 

盛り上がっていない傷跡:フラクショナルレーザー(Action 2)

トラブルを抱えた肌を若々しい肌に入れ替えるレーザー治療です。

※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

    傷跡をはじめ、にきび跡や加齢によるハリ不足、毛穴の開きなど、トラブルを抱えた肌を若々しい健康的な肌に入れ替えるレーザー治療です。しかもコラーゲン生成を促す効果もあるため、スベスベでふっくらした肌へ生まれ変わります。しみ、しわなどの症状も改善します。

    従来の治療法では、ターゲットとなる病変に対して、皮膚面の全体にレーザーを照射していました。これに対し、フラクショナルレーザー治療は、微細なレーザービームを点状に照射し、その部分の皮膚のみにダメージを与えることにより、体が本来持っている傷を治す力(創傷治癒力)が働き、新しい皮膚に入れ替わるという最新の美容治療です。このようにターゲットの正常組織を温存しながら照射を行うことにより、周辺組織への熱損傷が少なくなり、施術後の色素沈着のリスクや赤みの出る期間が軽減しました。また、痛みが少なく、麻酔を使用しない治療が可能となりました。

     

    このような症状に有効です

    • 外傷後の傷跡
    • やけどの跡
    • 手術後の傷跡

    フラクショナルレーザーの治療の流れ

    ※こちらは標準の治療の流れです。
    ※具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

    1. STEP1

      当クリニックの専門の医師がカウンセリングを行い、ご希望やご予算、肌質を丁寧にチェックして治療方法を決めます。

    2. STEP2

      施術する部位のクレンジングをして、きれいにメイクを落します。

    3. STEP3

      フラクショナルレーザーを照射します。最適な出力のレーザー照射設定を行います。痛みは軽度ですので通常麻酔は必要ありませんが、痛みに対する不安感が強い方は、麻酔クリームや冷却麻酔を併用することも可能です。

    4. STEP4

      照射後は十分にクーリングします。赤みを最小限に抑えるため、クーリングの際には独自開発した鎮静パックを同時に行います。クーリング後に保湿剤を塗って終了です。

    ※治療時間は約1時間です。
    ※治療頻度は4週間おきに5〜10回の治療をおすすめします。

    治療後も、ご質問・ご心配事等ありましたらいつでもお問い合わせください。

    治療後の経過

    • 照射直後から、強い発赤、強いヒリヒリ感、腫れが起きますが、2〜4日ほどで次第に治まっていきます。
    • 発赤が治まるとともに肌に点状のかさぶたが形成され、肌が赤黒く見え、ざらざらしてきます。
    • 入浴や洗顔を繰り返す中で、表皮のかさぶたがはがれていきます。決して無理にはがさないでください。
    • 照射当日からダウンタイムは約7日ですが、かさぶたがすべてはがれ落ちた後も、若干の赤みがしばらく残る場合もありますが、時間の経過とともに軽快していきます。
    • 主観的な満足を得られないことや客観的に結果が変わらないことがまれにあります。ご理解いただいた上で治療をお受けください。

    ※以上は一般的な経過であり、個人差や設定出力による差があります。

    副作用

    • 照射後に点状出血や水泡などが形成されることがあります。その際は必要な治療を行いますので医師の指示に従ってください。
    • まれに治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間の経過とともに軽快していきます。必要な場合は塗り薬を処方します。
    • まれに赤みが長引くことがありますが、こすらないように注意していただくと、時間の経過とともに軽快していきます。必要な場合は塗り薬を処方します。
    • 治療効果や副作用には個人差がございます。
    • 主観的な満足を得られないことや客観的に結果が変わらないことがまれにあります。ご理解いただいた上で治療をお受けください。

    注意事項

    • 入浴

      当日から可能ですが、長時間は避けてください。

    • アルコール摂取

      過度ですと、赤みを強くする場合があります。

    • メイク

      当日のメイクは避けてください。翌日からメイク可能ですが、薄化粧にしていただき、ファンデーションは上からそっとのせるような方法をおすすめします。治療後はお肌が乾燥しやすくなりますので、十分に保湿をしてください。

    • 日焼け

      治療後は日焼けをしないように注意してください。また、治療前後1カ月は強い日焼けをしないようにしてください。

    • 洗顔

      スクラブ入り洗顔、AHA配合化粧品、レチノイン・トレチノイン酸配合化粧品など、刺激性の強い化粧品や洗顔剤などの使用は、赤みが治まるまで控えてください。

    • 治療できない方

      強い日焼けをされている方や肌荒れや湿疹などの皮膚トラブルがある場合は治療できません。

    ※治療できない方の中でも例外があります。詳細はご相談ください。
    ※治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数が異なる場合もあります。
    ※不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。

    Q&A

    フラクショナルレーザーについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

    費用

    費用については、費用ページをご確認ください。
    ※クレジットカードによっては、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。

    盛り上がっている傷跡:瘢痕形成術

    ※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

      形成外科的な高い技術でより傷を目立たなくします

      形成外科医のテクニックとして重要なのは、縫い方によって、いかに傷を目立たなくするかです。これは形成外科特有の技術です。けがややけど、手術後の傷跡の修正など傷の大きさや位置、性質によって、真皮縫合、Z形成術、W形成術などさまざまな縫合方法があります。傷を消すのではなく、傷に縫合跡を紛れ込ませるという発想です。

      傷跡の状態によって縫合の仕方をデザイン

      例えばW形成術とは、シワの方向に逆らわないように縫合することによって目立たなくする方法です。また、傷があることによって、引きつれなどでその周囲の組織の動きが鈍くなったり、痛みやかゆみが発生する場合がありますので、できるだけそれを防いで患者様のQOL(生活の質)を良くします。傷を目立たなくし、違和感なく生活していただくために、縫合の仕方をじっくりデザインして施術いたします。

      このような症状に有効です

      • 盛り上がっている傷跡

      瘢痕形成術の治療の流れ

      ※こちらは標準の治療の流れです。
      ※具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

      1. STEP1

        当院の専門医がカウンセリングを行い、評価して治療方法を決めます。

      2. STEP2

        局所麻酔をします。

      3. STEP3

        傷の形を利用した切除法で傷を目立たなくします。

      4. STEP4

        腫れや出血等は最小限に抑えます。

      5. STEP5

        6〜21日後に抜糸をします。

      ※手術時間は2〜5時間です。

      治療後も、ご質問・ご心配事等ありましたらいつでもお問い合わせください。

      症例写真

      副作用

      • 手術前と手術後の検診時に写真を撮らせていただいております。写真は手術の経過を確認するための目的以外では使用いたしません。写真を撮らせていただけない場合は治療効果が判定できないため、ご了承いただいた上で治療をお受けください。
      • 遠方から治療を受けられる際も必ず医師の指示に従い、通院していただきます。
      • 手術後の経過として、1カ月・3カ月・6カ月検診がございますので、必ずお電話でご予約の上ご来院ください。
      • 治療効果や副作用には個人差がございます。
      • 主観的な満足を得られないことや客観的に結果が変わらないことがまれにあります。ご理解いただいた上で治療をお受けください。

      注意事項

      • 入浴

        治療直後から可能です。

      • メイク

        当日から可能です(保護用テープ処置期間はテープの上からメイクをしてください)。

      • 日焼け

        しないようにしてください。特に治療期間中の紫外線のUVケアは怠らないようにしてください。

      • 洗顔

        保護テープ剤を貼った状態でお願いします。

      • 治療できない方

        妊娠中/皮膚炎/ケロイド体質の方

      ※治療できない方の中でも例外があります。詳細はご相談ください。
      ※治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数が異なる場合もあります。
      ※不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。

      Q&A

      瘢痕形成術について、よくある質問はこちらをご覧ください。

      費用

      費用については、費用ページをご確認ください。
      ※クレジットカードによっては、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。