●一般診療のお問い合わせ

0120-50-5929

03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

0120-70-5929

03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木曜・祝日休)

顔:にきび跡

まわりの皮膚細胞を壊しながら悪化。真皮を新しく作れず凹凸に!

私たちの体を覆っている皮膚は実は1枚ではなく、大きく分けて3層になっています。最上層を「表皮」、真ん中を「真皮」、最下層を「皮下組織」といいます。
表皮は上から「角層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4層から成り立っています。表皮にある表皮細胞は表皮の基底層で生まれ、2週間以上かけて角層まで押し上げられ、そのあと約2週間で垢となってはがれ落ちます。これをターンオーバーといいます。さらに、真皮の下には新しい真皮が生まれる組織があります。にきびは、炎症や化膿がひどくなると、この真皮にまで影響を与えます。にきびが炎症を起こすと、周りの皮膚細胞を壊しながら悪化していきます。この新しい皮膚細胞をつくる部分にまでダメージが及んでしまうと(にきびが炎症を起こすと、炎症が広がらないよう、免疫反応により白血球がコラーゲンなどの皮膚組織を壊して炎症を抑えてくれます。それによりコラーゲン組織が壊されてしまうため)、真皮を新しくつくることができなくなってしまったり、できる速さが遅くなったりしてしまうため、結果として凹凸になり、にきび跡の凹凸(クレーター)になるのです。

にきび跡には浅いものと深いものがあります

にきび跡の凹凸(クレーター)には、浅いものと深いものがあります。浅いものは表皮の1番奥の層(基底層)にダメージを受けている状態であるため、そこの機能を助けることができれば凹凸を改善することができます。このため深い凹凸に比べると時間がかからずに改善することができます。しかし、深いものは真皮層にダメージを受けている状態です。

浅いにきび跡(Rolling)が一番改善させやすいにきびです。深いにきび跡のBoxerは垂直面をレーザーで削り、Rollingにすることでその後の治療を楽に行えます。

当クリニックのおすすめ治療法

 

浅いにきび跡:シャイニングピール

※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

    シャイニングピールは、エルビウムYAGレーザーを使用したレーザーピーリングです。低い出力でレーザーを照射することにより、古い角質を穏やかに脱落させ、新しい表皮組織を再生させます。そのため、痛みが少なく麻酔は不要です。組織のダメージも少ないためかさぶたができず、赤みも長引かないので、日常生活上の支障がほとんどないのが特徴です。

    ピーリング効果により、くすみが改善され、肌の透明感が増します。また、レーザーの熱エネルギーが皮膚の深部にまで届くことで、真皮層のコラーゲンの再生を促進し、真皮の厚みを増すことで、小じわを改善し、ハリや弾力のある肌になります。

    左右にスワイプ

    治療前の肌の組織図

    シャイニングピール治療3カ月後の肌の組織図

    赤く見えるところがコラーゲンやエラスチンのある真皮層ですが、治療後はコラーゲンやエラスチンの量が増え、真皮層が厚くなっているのが分かります。

    このような症状に有効です

    • 浅いにきび跡
    • キメを整え、肌をツルツルにしたい方
    • くすみを改善し、透明感のある肌にしたい方
    • 肌にハリや弾力を出したい方
    • 毛穴を引き締めたい方
    • 小じわを改善したい方

    シャイニングピールの治療の流れ

    ※こちらは標準の治療の流れです。
    ※具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

    1. STEP1

      当クリニックの専門医師がカウンセリングを行い、ご希望やご予算、肌質を丁寧にチェックして、治療の範囲、回数、方法を決めます。

    2. STEP2

      施術する部位のクレンジングをして、きれいにメイクを落とします。

    3. STEP3

      エルビウムYAGレーザーを照射します。照射時間は顔全体で5分程度です。肌質や肌の状態に合わせて、最適な出力のレーザー照射設定を行います。

    4. STEP4

      照射後は十分にクーリングします。赤みを最小限に抑えるためにクーリングの際には独自開発した鎮静パックを同時に行います。クーリング後に保湿をして、日焼け止めをつけて終了です。

    ※治療時間はトータルで約30分です。
    ※治療頻度は4週間おきに5回連続の治療をおすすめします。

    治療後も、ご質問・ご心配事等ありましたらいつでもお問い合わせください。

    関連院長ブログ

    副作用

    • 照射直後に若干の赤みが出ますが、一時的なものです。
    • 治療直後から肌全体がつっぱるような感覚が残り、2〜3日続くことがありますが自然に治まります。
    • 治療後2〜3日目頃からポロポロと皮膚がはがれ始め、その後2〜3日間ほどではがれが終わると新しい肌が現れます。
    • ごくまれに治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間経過とともに改善していきます。必要な場合は、医療用の美白クリームを処方します。
    • 治療効果や副作用には個人差がございます。
    • 主観的な満足を得られないことや客観的に結果が変わらないことがまれにあります。ご理解いただいた上で治療をお受けください。

    注意事項

    • 入浴

      当日から可能ですが、長時間は避けてください。

    • アルコール摂取

      過度ですと、赤みが強く出る場合があります。

    • メイク

      治療直後からでもメイクをしてお帰りいただくことは可能ですが、できれば翌日からのメイクがおすすめです。

    • 日焼け

      治療後より日焼け止めをご使用ください。また、治療前後1週間は、海水浴・登山・戸外でのスポーツなど強い日焼けをしないでください。

    • 洗顔

      治療前後2週間はスクラブ入り洗顔、洗顔ブラシ、AHA配合化粧品、レチノイン・トレチノイン酸配合化粧品でのお手入れをお止めください。

    • 治療できない方

      強い日焼けをされている方や肌荒れや湿疹などの皮膚トラブルがある場合は治療できません。

    ※治療できない方の中でも例外があります。詳細はご相談ください。
    ※不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。

    Q&A

    シャイニングピールについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

    費用

    費用については、費用ページをご確認ください。
    ※クレジットカードによっては、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。

    深いにきび跡:フラクショナルレーザー

    トラブルを抱えた肌を若々しい肌に入れ替えるレーザー治療

    ※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

      にきび跡や加齢によるハリ不足、毛穴の開きなど、トラブルを抱えた肌を若々しい健康的な肌に入れ替えるレーザー治療です。しかもコラーゲン生成を促す効果もあるため、スベスベでふっくらした肌へ生まれ変わります。シミ、シワなどの症状も改善します。

      従来の治療法では、ターゲットとなる病変に対して皮膚面の全体にレーザーを照射していました。これに対してフラクショナルレーザー治療は、微細なレーザービームを点状に照射し、その部分の皮膚のみにダメージを与えることにより、体が本来持っている傷を治す力(創傷治癒力)が働き、新しい皮膚に入れ替わるという最新の美容治療です。

      このようにターゲットの正常組織を温存しながら照射を行うことにより、周辺組織への熱損傷が少なくなり、施術後の色素沈着のリスクや赤みの出る期間が軽減しました。また、痛みが少なく、麻酔を使用しない治療が可能となりました。

       

      このような症状に有効です

      • 深いにきび跡

      フラクショナルレーザーの治療の流れ

      ※こちらは標準の治療の流れです。
      ※具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

      1. STEP1

        当クリニックの専門の医師がカウンセリングを行い、ご希望やご予算、肌質を丁寧にチェックして治療方法を決めます。

      2. STEP2

        施術する部位のクレンジングをして、きれいにメイクを落とします。

      3. STEP3

        フラクショナルレーザーを照射します。照射時間は顔全体で15〜20分程度です。最適な出力のレーザー照射設定を行います。痛みは軽度ですので通常麻酔は必要ありませんが、痛みに対する不安感が強い方は、麻酔クリームや冷却麻酔を併用することも可能です。

      4. STEP4

        照射後は十分にクーリングします。赤みを最小限に抑えるために、クーリングの際には独自開発した鎮静パックを同時に行います。クーリング後に保湿剤を塗って終了です。

        ※治療時間は約1時間です。
        ※治療頻度は4週間おきに5〜10回の治療をおすすめします。
        治療後も、ご質問・ご心配事等ありましたらいつでもお問い合わせください。

      治療後の経過

      • 照射直後から、強い発赤、強いヒリヒリ感、腫れが起きますが、2-4日ほどで次第に治まっていきます。
      • 発赤が治まるとともに肌に点状のかさぶたが形成され、肌が赤黒く見え、ざらざらしてきます。
      • 入浴や洗顔を繰り返す中で、表皮のかさぶたが剥がれていきます。決して無理に剥がさないでください。
      • 照射当日からダウンタイムは約7日です。かさぶたがすべて剥がれ落ちた後もしばらく若干の赤みが残る場合もありますが、時間の経過とともに軽快していきます。

      ※以上は一般的な経過です。個人差や設定出力による差があります。。

      症例写真

      副作用

      • 照射後に点状出血や水泡などが形成されることがあります。その際は必要な治療を行いますので、医師の指示に従ってください。
      • まれに治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間の経過とともに軽快していきます。必要な場合は塗り薬を処方します。
      • まれに赤みが長引くことがありますが、こすらないように注意していただくと時間の経過とともに軽快していきます。必要な場合は、塗り薬を処方します。
      • 治療効果や副作用には個人差があります。
      • 主観的な満足を得られないことや客観的に結果が変わらないことがまれにあります。ご理解いただいた上で治療をお受けください。

      注意事項

      • 入浴

        当日から可能ですが、長時間は避けてください。

      • アルコール摂取

        過度の摂取は赤みが強く出る場合があります。

      • メイク

        当日のメイクは避けてください。翌日からメイク可能ですが、薄化粧にしていただき、ファンデーションは上からそっとのせるような方法をおすすめします。治療後はお肌が乾燥しやすくなりますので、十分に保湿をしてください。

      • 日焼け

        治療後は日焼けをしないように注意してください。また、治療前後1カ月は強い日焼けをしないようにしてください。

      • 洗顔

        スクラブ入り洗顔、AHA配合化粧品、レチノイン・トレチノイン酸配合化粧品など、刺激性の強い化粧品や洗顔剤などの使用は、赤みが収まるまで控えてください。

      • 治療できない方

        強い日焼けをされている方/肌荒れや湿疹などの皮膚トラブルがある方

      ※治療できない方の中でも例外があります。詳細はご相談ください。
      ※不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。
      ※治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数が異なる場合もあります。

      Q&A

      フラクショナルレーザーについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

      費用

      費用については、費用ページをご確認ください。
      ※クレジットカードによっては、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。

      細かいにきび跡:カーボンピーリング

      ※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

        毛穴の開き、黒ずんだ鼻の毛穴、にきび跡に最適!

        お肌のきめを整えるためのレーザーピーリングです。開いてしまった毛穴や、角栓により黒ずんだ鼻の毛穴、にきび跡の凹凸の改善に最適です。

        毛穴の汚れが取れ、ギュッと締まりお肌のハリが改善!

        毛穴の奥深くまで黒いカーボンクリームを塗り込み、QスイッチYAGレーザーを照射すると、カーボンクリームが瞬時に蒸発します。その際カーボン粒子と共に余分な角質や角栓が取れ、さらに熱エネルギーにより繊維芽細胞が刺激され、コラーゲンの生成を促します。その結果、毛穴の汚れが取れるだけではなく、毛穴自体がギュッと締まりお肌のハリが改善していきます。

        このような症状に有効です

        • 細かいにきび跡

        ※こちらは標準の治療の流れです。
        ※具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

        1. STEP1

          当院の専門医がカウンセリングを行い、患部を評価して、治療方法を決めます。

        2. STEP2

          黒いカーボンクリームを毛穴の奥深くまで塗り込み、QスイッチYAGレーザーを照射。施術中は輪ゴムで弾かれるような軽い痛みがありますが、麻酔は不要です。1回の治療でもかなりの満足感が得られますが、効果をしっかり得るには、3〜4週間に1度の照射を4〜5回繰り返すことをおすすめします。

        3. STEP3

          施術後は、赤み、腫れなどほとんどありません。

        ※顔全体や多発するシミやソバカスに対しては、前もってオーロラ(フォトRF)で全体を少なくすると効果的でおすすめです。
        ※術後の色素沈着は約50%の方に起こります。原因は肌質(メラニン活性が強い)や、早めにかさぶたが取れたことが多いようです。これはシミではなく一時的なものですので、術後のケアをしっかりやれば、きれいに仕上がります。ご安心ください。
        ※ワンランク上のお肌に仕上げたい方はモデリングパックとの組み合わせがおすすめです。

        治療後も、ご質問・ご心配事等ありましたらいつでもお問い合わせください。

        症例写真

        副作用

        • 照射後、皮膚に赤み、膨疹、痛み、かゆみが出ることもあります。状態によってはクリームまたは軟膏を処方します。
        • 大きなほくろ、開いた傷、もしくは皮膚疾患のある箇所は治療を行わないことがあります。
        • 術後に副作用である熱傷、炎症後色素沈着、脱色素斑を起こしたりする場合がまれにあります。副作用が出た場合は症状に応じて必要な治療を行います。
        • 治療効果や副作用には個人差がございます。
        • 主観的な満足を得られないことや客観的に結果が変わらないことがまれにあります。ご理解いただいた上で治療をお受けください。

        注意事項

        • 洗顔

          洗顔、メイクはいずれも治療直後から可能です。

        ※不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。

        Q&A

        カーボンピーリングについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

        費用

        費用については、費用ページをご確認ください。
        ※クレジットカードによっては、分割払い・ボーナス払いもご利用いただけます。