早く治す:美容外科的切除

タトゥーを外科的切除で早く治す

カラーのタトゥーの場合、色の種類によってレーザーのみでは消せないものがあり、その場合は切除法を選択します。また、就職や結婚などの予定があって短期間でタトゥーを消したい場合も、小さいものであれば1回の治療で可能ですので切除法がおすすめです。

    タトゥーの部分をメスで切り取って、皮膚を縫い合わせる方法です。小さなタトゥーの場合は1回の治療で完全に除去できますが、大きいものは2〜3回に分割して切除することになります。その場合は3〜6カ月に1回のペースで手術をすることになります。

    美容外科的切除の治療の流れ

    こちらは標準の治療の流れです。
    具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

    1. STEP1

      当院の専門医がカウンセリングを行い、患者さんの希望を伺い、最適な手術法を決めます。

    2. STEP2

      切り取る位置、量を細かくデザインします。

    3. STEP3

      局所麻酔をします。場合によって静脈麻酔を併用することもあります。

    4. STEP4

      タトゥーを縫い縮められる最大の幅で可能な限り切り取り、丁寧に縫合していきます。

    5. STEP5

      手術終了後はガーゼを厚めに当てて、圧迫固定します。

    手術時間は、タトゥーの大きさによりますが、30分〜90分ほどかかります。
    ※1〜2週間後にご来院いただき、抜糸をします。
    ※抜糸後は、傷跡をできるだけきれいに落ち着かせるために約3カ月間テーピングをしていただきます。 術後、痛みと腫れは2〜3日で自然に治まります。まれに内出血が出ることがありますが、1〜2週間で自然に治まります。可能な限り皮膚を切り取って縫い寄せるため、術後しばらく引きつれた感じやつっぱった感じがありますが、徐々に皮膚が伸びてくると治まっていきます。

    治療後も、ご質問・ご心配事等ありましたらいつでもお問い合わせください。

    費用

    タトゥ切除 11万円(5cmまで)
    5cm以上の場合は1cmにつき22,000円加算

    その他の治療の費用ページを確認する

    医師の紹介

    松下洋二医師

    このページの筆者:松下洋二
    Yoji Matsushita, M.D.

    鳥取大学医学部卒業後に京都大学医学部形成外科に入局。大学附属病院などで形成外科・美容外科で働いた後、2007年より五本木クリニックの美容診療部の部長に就任。

    お知らせ

    10月05日
    新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
    当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
    COVID-19 research Japan
    10月01日
    インフルエンザの予防接種を開始しました。
    来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
    09月03日
    当院は東京都から指定を受けた診療・検査医療機関です。
    保健所の負担軽減目的で症状がある、あるいは濃厚接触者である、または濃厚接触者の疑いがある場合は、保健所に連絡不要で当院で抗原検査・PCR検査を受けることができます。詳しくは発熱外来をご覧ください。