顔:以前入れた鼻プロテーゼによるトラブルを解決したい

プロテーゼとは

プロテーゼはしなやかなシリコン製です。軟骨と同程度の硬さであるため人工軟骨と呼ばれることもあり、外科手術で多く利用されています。特に鼻を高くする隆鼻術に用いた場合に外観の違和感がないことから「鼻プロテ」と略されるほど定番の鼻整形となっています。
美容外科で行う手術の中で、隆鼻術は、目の二重手術と並び大人気で、多くの方がプロテーゼを鼻に埋め込む手術を受けています。

プロテーゼ

プロテーゼ隆鼻術後、5年以上経過でさまざまなトラブルが!

プロテーゼは素材自体が進化し、形状もオーダーメイドで作ることができたりと進歩を続けているのですが人工物です。体内に人工物をいれても、体とは一体化はしません。例えば人工心臓は定期的なメンテナンスが必要であるのは、ご存知のことでしょう。

鼻に入れたプロテーゼも同様で、体の変化にはついていけませんから、何年かおきに調整・入れ替えが必須となります。では、なにもせずに長年放置してしまうとどうなるのでしょうか?

プロテーゼによって不良肉芽が生じ、皮膚に穴が空いてしまった症例

プロテーゼによって不良肉芽が生じ、皮膚に穴が空いてしまった症例

このように、プロテーゼによる隆鼻術を受けて5年以上経過すると、皮膚の色が変色(発赤・白変)したり、移動・変形したり、輪郭が不自然に浮き出したり、被膜の石灰化によるしこりや凹凸、皮膚を突き破ってプロテーゼが露出してくるなどのトラブルが生じてくる場合があるのです。

鼻プロテーゼによるトラブルへの対処法

実際、隆鼻術の人工物プロテーゼなどを長期間挿入している方の中には、「皮膚が薄くなる」「変色する」「痛む」「凹凸」「鼻根部がぐらつく」などなど、さまざまなトラブルで悩んでいる方がいらっしゃいます。

プロテーゼを抜去して自分の体の組織を移植する

当クリニックでは、『プロテーゼ抜去・修正』に自己組織(筋膜・軟骨)移植を行っています。

カウンセリングによって提案する治療法が変わることがございますが、自己組織の移植による治療方法を詳しく解説します。

医師の紹介

松下洋二医師

このページの筆者:松下洋二
Yoji Matsushita, M.D.

鳥取大学医学部卒業後に京都大学医学部形成外科に入局。大学附属病院などで形成外科・美容外科で働いた後、2007年より五本木クリニックの美容診療部の部長に就任。

お知らせ

10月05日
新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
COVID-19 research Japan
10月01日
インフルエンザの予防接種を開始しました。
来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
09月03日
当院は東京都から指定を受けた診療・検査医療機関です。
保健所の負担軽減目的で症状がある、あるいは濃厚接触者である、または濃厚接触者の疑いがある場合は、保健所に連絡不要で当院で抗原検査・PCR検査を受けることができます。詳しくは発熱外来をご覧ください。