●一般診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-50-5929

一般診療TEL03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-70-5929

一般診療TEL03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木・日・祝日休)

まぶたのたるみに:眉毛下皮膚切除術

 

※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。
ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

    このような症状に有効です

    • まぶたのたるみを引き締めたい

    眉毛下皮膚切除術の治療の流れ

    まぶたのたるみに関しましては、たるみの程度が軽度の場合は、糸を埋め込んでたるんだまぶたを引き上げる埋没法がおすすめです。たるみの程度が強くて糸の力だけで不十分な場合は、眉毛の下を切開してたるんだ余分な皮膚を紡錘形に切り取り、縫い上げる方法がおすすめです。また、まぶたを引き上げる筋肉(上眼瞼挙筋)が加齢とともに弱ってきてまぶたが垂れている場合は、皮膚のみの切除では対応できません。筋肉にも手を加える必要があります。

    ※こちらは標準の治療の流れです。
    ※具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

    1. STEP1

      当院の専門医がカウンセリングを行い、患者さんの希望を伺って最適な手術法を決めます。

    2. STEP2

      埋没法の場合は留める糸の位置をデザインします。眉毛下皮膚切除術の場合は切り取る位置、量を細かくデザインします。

    3. STEP3

      上まぶたに局所麻酔をします。

    4. STEP4

      埋没法の場合は、デザイン通りに正確に糸を埋入します。眉毛下皮膚切除術の場合は、たるんだ余分な皮膚を切り取り、丁寧に縫合していきます。

    5. STEP5

      手術終了後はアイスパックで冷却します。

    ※治療時間は、埋没法の場合約30分、眉毛下皮膚切除術の場合は約1時間です。
    ※埋没法の場合は治療2週間後に1度ご来院いただき、状態を見ていきます。眉毛下皮膚切除術の場合は、1週間後に抜糸をします。
    ※当クリニックでは患者さん1人ひとりのまぶたのたるみの状態、二重の状態に合わせたオーダーメイドデザインを行っています。
    埋没法の場合は痛みと腫れはほとんどありません。切開法の場合、痛みと腫れは2〜3日で自然に治まります。まれに内出血が部分的に出ることがありますが、メイクでカバーでき、1〜2週間で自然に治まります。

    治療後も、ご質問・ご心配事ありましたらいつでもお問い合わせください。

    注意事項

    • 入浴
      手術当日から可能ですが、内出血の原因になりますので、長湯は控えてください。
    • 洗顔・メイク
      手術当日から可能ですが、上まぶたの部分は1週間触らないようにしてください。また、眉毛下皮膚切除術を行った後は、眉のメイクは抜糸が終わるまで控えてください。
    • 飲酒
      当日は避けてください。腫れが引くまではなるべく控えてください。
    • 運動
      埋没法の場合は翌日から可能です。眉毛下皮膚切除術の場合は、抜糸が終わりましたら可能です。

    ※不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。
    ※治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数が異なる場合もあります。

    Q&A

    眉毛下皮膚切除術について、よくある質問はこちらをご覧ください。

    費用

    眉下切開法(上まぶたのたるみ取り) 33万円

    その他の治療の費用ページを確認する