まぶたのたるみに:眉毛下皮膚切除術(眉下切開法)

当クリニックでは患者さん1人ひとりのまぶたのたるみの状態、二重の状態に合わせたオーダーメイドデザインを行っています。手術で切らずに二重にする埋没法はこちらをご覧ください。

このページは、まぶたのたるみの解消を目的とした眉毛の下の皮膚を切開する手術の紹介です。眼瞼下垂との違いも合わせて解説いたします。

眉下切開法

眉下切開とは重くたるんでしまった上まぶたを眉毛のラインに沿って 切開し、余分な皮膚をとり除くことでスッキリそしてぱっちりとした 印象にする治療です。眉毛のラインに沿って皮膚を切開するので傷も 比較的目立ちにくいのが特徴です。

眉下切開による治療前後の比較写真

同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

このような症状の方はぜひご相談ください

  • 上まぶたの皮膚がたるんでいると感じる方
  • 視界が狭くなったと感じる方
  • 二重幅が狭くなったと感じる方
  • アイメイクがしにくいと感じる方

眼瞼下垂手術と眉下切開法は何が違うの?

上まぶたがたるんでいると感じる原因は筋肉の緩みと皮膚の弛みの2パターンに分けられます。これらの診断を誤ると目を閉じることができなくなる可能性がありますので、適切な診断が必要です。

眼瞼下垂は上まぶたの筋肉が緩むことが原因で保険適用の疾患です。担当医師が眼瞼下垂と診断した場合は、保険で治療できる医療機関への紹介状を書きますのでご安心ください。

皮膚弛緩は上まぶたの皮膚が垂れ下がってくることが原因で、この場合は眉下切開法が適応となり当院で治療できます。

眉毛下皮膚切除術(眉下切開法)の治療の流れ

こちらは標準の治療の流れです。具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

  1. 担当医師と切開する部分のデザインを決めます
    眉毛下皮膚切除術前のデザインを決める

    自然な仕上がりにしたい、しっかり引き上げたいなどできる限りご希望に添えるようなデザインを提案いたします。

  2. 皮膚を切開したら確認を行い縫合します
    イラストで見る眉毛下皮膚切除術

    片方ずつ皮膚を切開したら、1度起き上がっていただき、目を開けたり閉じたりしてもらいます。まぶた機能の確認を行い、微調整ができたら縫合します。

  3. 手術直後の様子
    眉毛下皮膚切除術直後

    伊達メガネやサングラスで目元を隠すことができるものをおもちいただくとわかりにくいです。

  4. 抜糸
    眉毛下皮膚切除術から1週間後の様子

    1週間後に抜糸を行います。抜糸後3日後からお化粧できます。

眉毛下皮膚切除術(眉下切開法)の治療時間は約1時間です。切開法の場合、痛みと腫れは2〜3日で自然に治まります。まれに内出血が部分的に出ることがありますが、メイクでカバーでき、1〜2週間で自然に治まります。

たるみの程度が軽度の場合は、糸を埋め込んでたるんだまぶたを引き上げる埋没法をおすすめします。

術後の注意点

シャワー手術当日から可能
入浴手術当日から可能
長時間の入浴は抜糸2日後より可能
化粧手術当日から可能
手術部位は抜糸3日後より可能
眉毛のアートメイク1ヶ月後から可能
美容治療2週間後から可能
顔への鍼治療2週間後から可能
フェイシャルマッサージ2週間後から可能
サウナ2週間後から可能
喫煙・飲酒2週間後から可能
車の運転翌日から可能

その他の注意点

  • 感染症を予防したり、痛みを和らげるため、お出ししたお薬は5日間服用してください。
  • 腫れ・赤み・痛み・皮下出血・浮腫・左右差・つっぱり感・痺れ感・違和感を生じる場合がありますが1週間程度で落ち着きます。より自然な状態になるには1ヶ月程度かかります。
  • 1ヶ月後・3ヶ月後・6ヶ月後の3回、検診を行います。
  • 手術代金の他に施術前採血代15,000円(税込)と内服薬代3,500円(税込)が別途かかります。
  • 手術の経過を見る記録のために、術前・術後の写真を撮影いたします。
  • 治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数が異なる場合もあります。

不明点・不安点は、どのようなことでもお気軽に担当医師にご相談ください。

Q&A

眉毛下皮膚切除術(眉下切開法)について、よくある質問はこちらをご覧ください。

費用





眉下切開法
手術費¥550,000
術前採血¥15,000
内服薬代¥3,500
計 ¥568,500

その他の治療の費用ページを確認する

医師の紹介

松下洋二医師

このページの筆者:松下洋二
Yoji Matsushita, M.D.

鳥取大学医学部卒業後に京都大学医学部形成外科に入局。大学附属病院などで形成外科・美容外科で働いた後、2007年より五本木クリニックの美容診療部の部長に就任。

お知らせ

10月05日
新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
COVID-19 research Japan
10月01日
インフルエンザの予防接種を開始しました。
来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
09月03日
当院は東京都から指定を受けた診療・検査医療機関です。
保健所の負担軽減目的で症状がある、あるいは濃厚接触者である、または濃厚接触者の疑いがある場合は、保健所に連絡不要で当院で抗原検査・PCR検査を受けることができます。詳しくは発熱外来をご覧ください。