●一般診療のお問い合わせ

0120-50-5929

03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

0120-70-5929

03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木曜・祝日休)

顔:傷跡

外傷、やけど、術後などに残ります

傷跡は、医学的用語では瘢痕(はんこん)という言い方をします。外傷、やけど、手術の後に残るものの総称です。大きさ、深さ、部位、細菌感染などによって傷跡の残り方は変わってきます。形成外科的な治療は、傷が盛り上がってくる肥厚性瘢痕に対して、傷を負ってから半年以上を経た頃に実施します。

傷が盛り上がった症例には瘢痕形成術が適応

傷は治った後、赤みを帯びて硬くなり、時間の経過とともに白っぽく柔らかく目立たなくなっていきます。3カ月間は不安定で、傷跡の幅が大きくなったり、傷が盛り上がる肥厚性瘢痕、ケロイドという状態になったりします。瘢痕形成術は肥厚性瘢痕に対して適応され、ケロイドについてはステロイド注入、外用薬や内服薬による治療などが中心となります。傷跡の性質について、専門医の意見を聞いて治療方法をよく検討するべきです。

当クリニックのおすすめ治療法