炭酸ガスレーザー:にきびを瞬時に膨張破壊して除去

炭酸ガスレーザーとは

炭酸ガス(CO2)のレーザーを用いた治療法です。炭酸ガスレーザーの波長は可視光線(目に見える光線)よりも長く、水分に反応して熱エネルギーに変換される性質があり、患部に照射すると瞬時に細胞を膨張破壊することができます。医療現場では、レーザーメスとして使われています。実際には蒸発させるのですが、一般的にイメージする光で焼くレーザーです。

このような症状に有効です

レーザーのパワーの調整で、いぼ、盛り上がったシミ、ほくろ、盛り上がったにきびの除去効果にとても優れています。

  • 盛り上がったにきび

    炭酸ガスレーザーの治療の流れ

    ※こちらは標準の治療の流れです。
    ※具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

    1. STEP1

      当クリニックの専門医がカウンセリングを行い、いぼ、シミ、ほくろ、にきびの位置、大きさ、量、質などを評価して治療方法を決めます。

    2. STEP2

      数が多い場合は、麻酔のクリームを患部に塗り、約30分置きます。数が少ない場合は、麻酔の注射または、アイスパックによる冷却麻酔を行います。

    3. STEP3

      1個ずつレーザーを当てていきます。首全体に多発するようないぼでも10〜15分程度で終わります。

    4. STEP4

      治療後、小さな黒いかさぶたになりますが、1週間ほどでかさぶたは取れ、きれいなツルツルの肌になります。

    治療後も、ご質問・ご心配事等ありましたらいつでもお問い合わせください。

    症例写真

    注意事項

    • 入浴当日から可能です。
    • メイク当日から可能です(保護用テープ処置期間はテープの上からメイクをしてください)。
    • 日焼けしないようにしてください。特に治療期間中の紫外線のUVケアは怠らないようにしてください。
    • 洗顔保護テープ剤を貼った状態でお願いします。
    • 治療できない方妊娠中の方/ケロイド体質の方

    ※治療できない方の中でも例外があります。詳細はご相談ください。
    ※不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。
    ※治療患部の大きさ、深さ、質などにより除去時間、治療回数が異なる場合もあります。

    Q&A

    炭酸ガスレーザーについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

    費用

    にきび1つ 1,000円

    その他の治療の費用ページを確認する

    医師の紹介

    松下洋二医師

    このページの筆者:松下洋二
    Yoji Matsushita, M.D.

    鳥取大学医学部卒業後に京都大学医学部形成外科に入局。大学附属病院などで形成外科・美容外科で働いた後、2007年より五本木クリニックの美容診療部の部長に就任。

    お知らせ

    10月05日
    新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
    当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
    COVID-19 research Japan
    10月01日
    インフルエンザの予防接種を開始しました。
    来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
    09月03日
    当院は東京都から指定を受けた診療・検査医療機関です。
    保健所の負担軽減目的で症状がある、あるいは濃厚接触者である、または濃厚接触者の疑いがある場合は、保健所に連絡不要で当院で抗原検査・PCR検査を受けることができます。詳しくは発熱外来をご覧ください。