肌:色素沈着を目立たなくしたい・消したい

皮膚の炎症後に色素が残るのです

皮膚のシミ(色素斑)と言われているものと皮膚の色素沈着は同じ類いのものです。皮膚の色素沈着は、さまざまな原因で皮膚に炎症が生じ、症状が治まった後に色素が残ってしまうものです。
色素沈着には、一過性のものと慢性のものがあります。けがなどの傷ややけどが治った後に色素沈着する場合などが一過性、アトピー性やナイロン・タオル性など皮膚の炎症を繰り返すことによる色素沈着が慢性です。

色素沈着の原因はさまざまで複合的なこともあります。

色素沈着の原因は、ホルモンバランスの乱れ(加齢や妊娠中)、皮膚と相性の悪い化粧品の使用、摩擦や刺激にさらされ続ける、強い日焼けを一気にする、かぶれなどの炎症、けがの傷ややけどなどさまざまなです。たとえば、肘やひざの黒ずみは繰り返しの摩擦や刺激により角質が厚くなることで現れたり、脇の下の黒ずみはむだ毛の脱毛処理を繰り返すことで現れたりします。
UVケアやスキンケアなどによりある程度防げますが、色素沈着が現れたら、美容皮膚の専門医にきちんと診断してもらった上で対処法を考えた方がいいでしょう。

当クリニックのおすすめ治療法

医師の紹介

松下洋二医師

このページの筆者:松下洋二
Yoji Matsushita, M.D.

鳥取大学医学部卒業後に京都大学医学部形成外科に入局。大学附属病院などで形成外科・美容外科で働いた後、2007年より五本木クリニックの美容診療部の部長に就任。

お知らせ

12月29日
年末年始の休診日
五本木クリニックは2021年12月29日〜2022年1月4日までお休みです。2022年は1月5日の水曜日からスタートです。どうぞよろしくお願いします。
11月04日
保険証登録したマイナンバーカードに対応しました
五本木クリニックではマイナンバーカードが健康保険証として利用できます(健康保険証でもこれまでどおり受診できます)。※マイナンバーカードを健康保険証として利用するために、マイナポータルから健康保険証利用の「初回登録」が必要です。
10月05日
新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
COVID-19 research Japan
10月01日
インフルエンザの予防接種を開始しました。
来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。