●一般診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-50-5929

一般診療TEL03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-70-5929

一般診療TEL03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木・日・祝日休)

ボトックス注射:少量のボトックス注入でシワを消す治療

ボトックスとは

ボトックス注入は、ボツリヌス菌より抽出されるタンパク質の毒素を原料とした医薬品を注入する治療法です。神経伝達物質「アセチルコリン」の伝わりを弱める働きをするため、筋肉の動きにより作られる「表情ジワ」を目立たなくする効果があります。
一部のシワを消しただけで顔全体の印象を驚くほど変えることができるため、患者さんから好評を得ています。

高い安全性

眉間のシワ、額のシワ、目尻のシワを解消する治療として、アメリカ国立衛生研究所にて安全性と高い効果が立証されています。
その安全性によって、まぶたの痙攣治療や多汗症など一般治療にも使われています。
アレルギーなどの副作用もほとんどなく、注射のみの治療で済むため手軽で高い人気があります。

患者さんに合わせた製剤を使用します

当院では適応部位・症状、患者さんの要望により、3種類のボツリヌストキシン製剤「ボトックス・ビスタ」「ゼオミン」「ニューロノックス」を使い分けています。

※同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

    種類と特徴

    ボトックス・ビスタ

    (アラガンジャパン社)アメリカ製

    • 2009年に日本の厚生労働省から承認を得た国内唯一のシワ取り用A型ボツリヌストキシン製剤であり、最も安全性の保障された製品です。
    • ボトックス・ビスタは、米国にあるアラガンの製造工場より徹底した管理の下日本へ輸入されるので、品質の高さも保障付きです。

    ゼオミン ※現在は行っておりません

    (メルツ社)ドイツ製

    • ゼオミン以外のボツリヌストキシン製剤にはわずかながら複合タンパクが含まれており、長期にわたって使用を続けていると抗体ができて効かなくなってしまうことがあります。ゼオミンは含有タンパクがほとんどないため、何度注射しても効き目がなくなることはないといわれています。
    • FDA(米国食品医薬品局)、CEマーク(ヨーロッパ販売承認)、及びKFDA(韓国食品医薬品安全局)の承認を受けている安全なA型ボツリヌストキシン製剤です。
    • 常温保存可能で輸入過程における温度変化にも耐えられるため、安定した製剤といえます。これまでのボツリヌス製剤は冷蔵または冷凍保管が必要だったため温度の変化の影響を受けやすく、輸送・保管状況によっては効果が落ちる可能性がありました。
    • 価格はボトックス・ビスタに並ぶくらい高価です。

    ニューロノックス

    (メディトックス社)韓国製

    • アラガン社のボトックスのジェネリック(後発医薬品)に該当する製品なので、価格が安いのが利点です。
    • KFDA(韓国食品医薬品安全庁)の認可を得ている安全なA型ボツリヌストキシン製剤で、ボトックスと同等の効果があると言われています。

    三種類のボツリヌストキシン製剤の比較表

    左右にスワイプ
    ボトックス・ビスタゼオミンニューロノックス
    原産国アメリカドイツニューロノックス
    日本厚生労働省の承認
    FDA(米国食品医薬品局)の承認
    CEマーク(ヨーロッパ販売承認)
    KFDA(韓国食品医薬品安全局)の承認
    使用国数日本限定20カ国以上30カ国以上
    保存方法冷凍常温冷凍
    品質保持期間3年4年3年
    純度かなり高い1番高いかなり高い
    抗体のできやすさ比較的できやすいほとんどなし比較的できやすい
    効果が出るまでの日数約7日約3日約7日
    効果の持続期間3〜4カ月3〜4カ月3〜4カ月
    料金1番高いかなり高い安い
    こんな方におすすめ!厚生労働省のお墨付きがほしい方におすすめ!ボトックスの使用量が多い方、長期的に続けたい方におススメ!とにかく値段を安く抑えたい方にぴったり!

    ※ゼオミンは、現在行っておりません

    効果の持続に関して

    ボトックス治療で最近問題になっているのが、長期にわたって使用を続けていると抗体ができてしまって効かなくなってしまう可能性があることです。ボトックスを製造する際にわずかながら複合タンパクが混在することになり、これが原因で抗体ができるといわれています。わきの多汗症やエラ改善のボトックスなどは1回の使用量が大量となりますので、より早く抗体ができてしまう可能性があります。
    さらに、ボトックス治療を若い年齢から始めると生涯において使用するボトックス量も増えることになりますので、将来効かなくなってしまう確率が高くなります。
    この抗体産生をできるだけ抑えるために、複合タンパクの量を極限まで少なくして作った最新のボツリヌストキシン製剤が「ゼオミン」です。

    グラフから分かるように、ゼオミンに含まれる複合タンパクの量はボトックスの8分の1以下です。
    20匹のウサギを使った8カ月以上に渡る実験で、ボトックスを注射したウサギでは20%に抗体産生が見られましたが、ゼオミンを注射したウサギの中で抗体ができたものは1匹もいませんでした。
    ボトックスの使用量の多い方、若いうちにボトックス治療を始めた方、できるだけ長くボトックス治療を続けたいと思っている方にはゼオミンがおすすめです。

    このような症状に有効です

    • 表情ジワ笑った時や表情が変化した時のシワが気になる方

    治療風景

    ボトックス治療の流れ

    1回のみのボトックス注入では、個人差で顔がつっぱる方もいらっしゃるため、五本木クリニックでは2回に分けて治療します。

    ※こちらは標準の治療の流れです。
    ※具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

    1. 1回目

      1.当クリニックの専門医がカウンセリングを行い、お肌の状態、顔の状態を診ます。このときメイクはしたままでかまいません。

      2.注入する部分に点で印をつけ、筋肉内にボトックスを注入します。施術は10分程度で終了します。注入について、アレルギーテストは不要な安全なものです。痛みも注射を刺すときのみです。腫れや赤みもほとんどありません。
      ※手術後、すぐに帰宅できます。

    2. 2回目

      1回目に治療してから約2週間後、2回目のボトックス治療をおこないます。1回目と同じ手順で治療をし、その日もすぐ帰宅できます。また、2回目終了後は経過診療となります

      ※最初のボトックス注射で約3-6カ月、効果は持続します。
      ※五本木クリニックでは、ボトックス注入治療を1年間保証しており、1年間に何回注射をしても無料となっています。

    治療後も、ご質問・ご心配等ありましたらいつでもお問い合わせください。

    症例写真


    Before

    After

    Before

    After

    Before

    After

    副作用

    • 施術後多少赤みがありますが、通常2〜3日で落ち着きます。稀に腫れが強く出たり内出血を起こしたりすることがありますが、その場合1〜2週間で治まります。
    • 治療効果や副作用には個人差がございます。
    • 主観的な満足を得られない事や客観的に結果が変わらないことが稀にあります。
      ご理解いただいた上で治療をお受けください。

    注意事項

    • 入浴、洗顔、洗髪当日から可能です。(ただし、高温または長時間の入浴はお避けください)
    • メイク当日から可能です。
    • 治療できない方妊娠中・授乳中の方/未成年の方/ボツリヌス毒素に対する過剰反応体質の方/神経筋疾患の方

    ※不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。
    ※治療患部の大きさ、深さ、質などにより治療回数が異なる場合もあります。

    Q&A

    ボトックスについて、よくある質問はこちらをご覧ください。

    費用

    ニューロノックス 1部位 2万8,000円
    ボトックスビスタ 1部位 3万5,000円
    ボトックスビスタ 額・眉間・目尻 9万円

    その他の治療の費用ページを確認する