●一般診療のお問い合わせ

0120-50-5929

03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

0120-70-5929

03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木曜・祝日休)

院長ブログ

最新の肌再生治療、ダーマペン4とは。効果・ダウンタイム・家庭用セルフダーマペンとの違い・費用など。

都内で数台目、最新のダーマペン4を導入しました!!

皮膚に極めて小さな穴をあけて刺激することで肌を再生させる・・・この方法は今まで多くの試みが行われてきました。

ダーマペンという美容機器があったのですが、当院にもともとあったヴィバーチェと呼ばれている医療機器より劣るじゃん、と当院では採用していなかったのです。

しかし、ネット、特にインスタを覗いてみると「ダーマペン、ダーマペン」としきりに訴えかけるものが多数、遅れを取ってはいけない、でもやっぱり効果が出なければ意味ない、と静観していました。

業者と相談していたらダーマペン4という最新機器が販売されたとのこと。都内の美容クリニックでもダーマペン4を導入しました!!と大々的にインフォメーションしているところが現れてきましたので・・・

最新のダーマペン4を五本木クリニックで始めました!!

都内で導入しているクリニックはまだごくごく少数。ダーマペン4とはどの様なものか?、どんな効果があるのか?他の治療との組み合わせは可能なのか?副作用はあるのか?治療のあとで注意しなければならないことは何か?などを述べさせていただきます。

dermapen4

このダーマペンは市販というか家庭用のセルフダーマペンと呼ばれている自宅で使用できるバージョンもあります。ですがダーマペンにトッピングする薬剤を手に入れることは一般の方にはかなり難しいことでしょうし、家庭用のセルフダーマペンとプロ仕様のダーマペンは大きな違いがあります。

ダーマペン4の特長はこれです。家庭用のセルフダーマペンとはかなり違いがあります

極細の針を改善したい肌に細かく指していき、肌を治そうとする自然の力(創傷治癒という仕組み)を利用して肌を再生するのがダーマペンです。

細かいメカニズムとしては極細の針が一秒間に120回ほど振動することによって、目ではみることができない極々小さな穴を皮膚にあけます。

無駄なダメージ無しで効果的な治療を実現

五本木クリニックとして、じっくりと吟味を重ねて採用したダーマペン4。

従来のダーマペンと比べて針の振動(針の抜き差し)が格段に進化しています。そして肌に垂直に針を刺すときのブレも限りなく修正されています。

ダーマペン4は針の出し入れのスピードが増すことにより、患者さんが感じる痛みも軽減でき、狙い通りの皮膚の深さに確実に針を刺すことが可能になっています。

また、針が到達する深さも0.1ミリメートル単位で細かく調節できます。症状に応じて必要な深さに針を刺すことができるるので、無駄なダメージ無しで効果的な治療ができるわけです。

ダーマペン4で2.5mm

これは2.5mmの深さを狙った場合。さらに

最大3mmまで刺せるダーマペン

最大の3mmまで針を刺すことができます(この場合は塗る麻酔が必要です)。

ダーマペンの進化の歴史(?)です。当然、五本木クリニックが導入したのは右端の2018と書いてあるものです。

ダーマペンの進化・歴史

https://www.dermapenworld.com/dermapen/dermapen-4より

実際の治療はこんな感じです。

ダーマペン4のスペック

●使用する針の太さは33Gでかなり細いです。一般の医療で使用される細い針で26G、当院で予防接種に使用する針で30Gでこれでもほとんどの方が摂取時に「痛くない」とおっしゃります。それよりも細い33Gがダーマペン4には装着されています。この33Gの針が使い捨てのチップに16本ずらっと並んでいます。

●針の到達する深さは0.2mmから3mmmまで調節できます。

とにかく動画を見ていただくのが一番雰囲気が伝わると思いますよ。

ダーマペン4が効果的な肌のお悩み・トラブルについて

今回、五本木クリニックが採用した最新の肌再生治療器ダーマペン4は米国の厚生労働省である(アメリカ食品医薬品局
Food and Drug Administration、略してFDAと呼ばれますよね)の承認を得た治療機器であり、安全性と効果が確認されているものです。

ダーマペン4で治療効果が期待できること

●毛穴の開き

●小じわ

●肌のキメ

●張りのある肌

●ニキビ跡

などなど多数です。

五本木クリニックとしては、当面は顔の肌全体の再生を希望する方だけを対象としてダーマペン4を使用します。

ダーマペン4による肌再生で注意することはいくつかあります

他のクリニックのダーマペンに関する記事をいくつか拝見させていただきましたが、注意点に関する記載があまり見当たりません。全くトラブル無しで肌再生が可能であるとはちょっと思えません。

こんな方にはダーマペン4はおすすめできません。

●強度の金属アレルギーのある方

●痛みに非常に弱い方

●その日にお出かけの予定のある方

ダーマペン4は極細の針を複数回皮膚に刺入させる治療です。金属アレルギーがあると診断されている方は避けた方が良いと五本木クリニックでは判断しています。

痛みは旧バージョンのダーマペンと比較して、今回導入したダーマペン4は痛みが軽減されたと考えられています。しかし、痛みに強い人もいれば弱い人もいます。痛みが心配な人には塗る麻酔を使用してダーマペン4の治療を行うことも可能です。

針というだけで怖がる人もいますので、そんな方はダーマペン4以外の治療方法も五本木クリニックでは用意しておりますので、わざわざ針を何回も肌に刺す必要のあるダーマペン4をチョイスすることは無いです。

ダーマペン4は海外のセレブ(たしか、キム・カーダシアンがこの治療を受けたのが数年前に話題になりました)に人気らしい、いわゆるバンパイヤリフトとか呼ばれることもある顔中血だらけになる治療方法とは全く違う考え方の肌再生方法です。

ダーマペン4は血が出るほど深い肌の層を狙って針を刺す治療ではありませんので、血は出ません。流血にはならなくても、極細の針を細かく肌に刺すために治療直後は肌が真っ赤になります。

ダーマペン4治療風景

右のおでこが赤くなっています。数時間で赤みは消え去るのですが、治療直後のお出かけはなるべく避けてくださいね。この症例の当院スタッフは翌日はしっかりとメイクして出勤してきました。

ダーマペン4と自宅で使用できる家庭用のセルフダーマペンの違い

そもそもダーマペンの治療メカニズムは皮膚をある程度傷つけることによって肌の再生を促すことです。私は時々美容治療に関して「no pain,no gain」と患者さんに伝えてドンびかれることがあります。痛み無くして、得るものは無し、なんですが、痛みは出来るだけ軽減させて、得られるものは限りなく大きくする、これは五本木クリニックにとっても常に課題ではあります。

家庭用セルフのダーマペンは医師の管理の元で行われる治療ではありませんので、大きなダメージを肌に与えないように工夫されています。しかし、ダーマペン4は医療機関で医師の管理のもとで行われる肌再生を目的とした治療方法ですから、日常の生活を妨げない範囲で肌の組織の一部を破壊します(破壊は大袈裟かなあ)。肌をあえて傷つけることによって、創傷治癒という人間の備わった仕組みを利用して肌をきれいにするのです。

例えば年末にエアコンの掃除をするとしましょう。セルフとプロの違いについてこんな説明がありました。

エアコンは自分で掃除することができますが、お金や時間がかかり、最悪の場合故障する可能性もあります。内部までしっかりクリーニングするためにはやはりプロの力を借りる必要があります。

https://osoujikakumei-shinagawahatanodai.com/blog/2548/より

セルフのダーマペンとプロユースの五本木クリニックが採用したダーマペン4の違いも同じです。

万が一、家庭用のセルフダーマペンを使用しても、肌の構造をしっかり把握していないとせっかくお金と時間をかけたのに、逆に肌が荒れちゃった、セルフ治療しなければ良かった、なんて事態も発生しかねないです。

さらに、肌トラブルが起きてしまったらセルフ治療できますか?

肌のメインテナンス、肌のお悩み解決で、不安を抱えたくない方はプロに任せるべきです。

ダーマペン4の針が出る部分は使い捨てです。感染の危険性も心配ありません。

ダーマペンの針は安心の使い捨て針

このようにひとつ一つ滅菌されたパックになっていますので安心です。感染予防のために、一回使用したら廃棄しなければならないディスポなので、施術料金が若干高めになってしまいます。

ダーマペン4とフラクショナルレーザーの違いは?

レーザーで皮膚に小さな穴をあける治療方法としてフラクショナルレーザーが知られています。もちろん五本木クリニック美容部でもフラクショナルレーザーは毎日稼働していますが、欠点として料金が高い、という大問題があります。

フラクショナルレーザーとダーマペン4の効果を比較した場合、どうしてもフラクショナルレーザーの方が効果的と判断しています。でも、フラクショナルレーザーの料金はちょっとキツイけど、最新の治療をしたいとお考えの方にとってはダーマペン4はおすすめです。

感覚的にレーザー治療は怖い、とお考えの方にもダーマペン4はおすすめですが・・・針は嫌だ、皮膚に穴をあけるのはちょっとねえ、という方向けとしてはピーリングやラフォスエレクトロポレーションという治療方法もご用意してあります。

ダーマペン4と一緒に使うとより効果的なトッピングは

ダーマペン4だけで治療するのもそれなりの肌再生効果があります。でも、せっかく肌に細かい穴をあけたのですから、その穴から肌の表面になんらかの美肌成分を入れ込みたくなるのが人情だと思います。

ミニマルトラウマ&マキシマムリザルト

海外のダーマペンの紹介サイトより(https://www.dermapenworld.com/dermapen/dermapen-4)

「MINIMAL TRAUMA, MAXIMUM RESULTS」と書かれています。最小の傷で、最大の結果・・・このような表現を広告で使用すると、日本だと問題視されちゃいますね。

そこで五本木クリニックとしてはこのようなトッピングを用意しています。

●ダーマペン4+ヒアルロン酸

●ダーマペン4+成長因子

●ダーマペン4+トラネキサム酸

●ダーマペン4+マッサージピール

●ダーマペン+高濃度PRP

などなど。さらにダーマペン4取り扱い会社推奨のものの用意があります。例えばビタミンC,コウジ酸、パルミチン、TCA、まだまだあります。まあ、効果が実感できてある程度のエビデンスと安全性が担保された判断したものを、メーカーの言いなりにならないで医師が患者さんに推奨するように当院ではします。

五本木クリニック美容担当の松下医師の治療風景

これは当院美容担当の松下医師の治療風景、ダーマペン4で細かい穴をあけた後にクーリングしつつ成長因子パックで効果増強を狙っています。治療直後にジムのプールで泳いでも、特に問題はなかったとのことです。

ダーマペン4による美肌治療のお値段は・・・

気になる料金は全顔3万円(税込)、麻酔が必要な方は別途麻酔代をいただきます。トッピングというかオプションはピンからキリまでありますので、医師と相談してください。

なお、当院としてはダーマペン4で効果が実感できた方にはできれば月一回の治療を推奨しています。

詳細についてのお問い合わせは 

美容診療 お問い合わせ

をご利用ください。美容担当医が直接対応いたします。院長のブログ読んだよ、とお伝えいただけると、たぶんおまけとかあると思います(おまけに関しては美容担当医マターなんで、院長であっても私に決定権無いんだよな~)。

2020年1月23日追記

ダーマペン4の価格を決定しました。

●全顔・首(〜0.3mm) 各3万5000円(税込 麻酔代込)
 ヒアルロン酸と成長因子パック付き

●全顔・首同時施術(〜0.3mm)5万6000円(税込 麻酔代込)
 ヒアルロン酸と成長因子パック付き

●にきび跡両ほほ(1mm〜) 4万7000円(税込 麻酔代込)
 成長因子パック付き

なお、ヴェルベットスキンを目指す方にはマッサージピールを追加したメニューも用意しています。
 全顔・首は各部位+2万円です。顔・首同時施術は+3万2000円です。

誠に勝手ながら、お申し込みは電話のみとさせていただいております。