• サイト内検索ボタン
  • クリニックへ電話
  • お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

満足度はやっぱり切るフェイスリフトが一番である理由

フェイスリフトの種類

たるみの治療には大きく分けると2種類あります。
切るフェイスリフトと切らないフェイスリフトです。

切らないフェイスリフトには近年様々な治療法があります。

効果の高さとしては以下のようになります。

切るフェイスリフト>>スレッドリフト>>ハイフ>高周波>レーザー

様々な治療法の中でも圧倒的に切るフェイスリフトが効果が高いのです。

切るフェイスリフトのよいところ

切るリフトは効果が高いと書きましたが、ではどのような効果が高いのでしょうか?

  • たるみを引き上げられる量が圧倒的に多い
    患者さんがたるみを取ってほしいと思ったぶんだけ、自由な量を切り取ることができます。たるみを完全になくすこともできます。またその逆に、わからない程度の量にすることもできます。
  • 一回で終わる
    ハイフや高周波、レーザー治療などは一度で充分な効果が得られないことが多いのですが、切るフェイスリフトでは確実に効果が得られます。
  • 即効性がある
    物理的に皮膚を引き上げるスレッドリフトと、切るフェイスリフトは直後から効果があります。他の治療法は効果が最大になるまでに数週間程度の期間がかかるのが普通です。
  • 効果が長続きする
    レーザーや高周波などは治療の効果が数ヶ月でなくなるため、治療を定期的に行って維持する必要があります。
    スレッドリフトはそれよりは効果の持続する期間は長いものの半年~2年程度です。常にたるみのない状態を維持しようとした場合は、治療を繰り返す必要があります。
    それに対して、切るフェイスリフトの効果の持続期間は10年くらいです。

当クリニックでは、様々な切らないフェイスリフトを経験されてから、最終的に切るフェイスリフトにたどり着く患者さんが多いです。
切るフェイスリフトはたるみをどれくらい取るかはいくらでも調整が可能です。しかし、いろいろなフェイスリフトをやった結果「完全にスッキリさせてほしい」というご要望になるようです。

切らないリフトアップを何度も行うよりも、最初から切るリフトアップを選択したほうが最終的な満足度やコストパフォーマンスは高いと思います。

どこを切って、どうつなぐのか

リフトアップの切ってつなぐ箇所    
上のこめかみの箇所をW型に切って引っ張り上げるのがこめかみリフトです。頬上部を引き上げるための手術です。

耳の部分を切って引っ張り上げるのが通常のフェイスリフトです。フェイスラインのたるみをスッキリととることができます。

痛みについて

顔を切る手術なので痛みが心配なところでしょう。
実際には麻酔をすれば手術は全く痛くありません。
当クリニックでは静脈麻酔と局所麻酔の2種類の麻酔を採用しています。

  • 全身麻酔
    非常に深い麻酔であり、意識が消失するだけではなく呼吸が止まるため人工呼吸器を使って呼吸管理を行う必要があります。
    日帰りの全身麻酔を行っているところも多いですが、合併症のある方や、手術中に何かトラブルがあった場合などに備えて入院できる設備を備えたところで行うほうが安心です。
  • 静脈麻酔
    麻酔薬で一時的に眠ってもらいますが、全身麻酔と違い呼吸は止まりません。麻酔の時間は手術時間に合わせて自由に調整できます。眠っている間に終わってしまうので手術の痛みは全くありません。
    手術中は専用の機械で1分あたり何ミリリットルといった正確な量の麻酔薬を入れていき、麻酔状態を維持します。最近は麻酔のキレがいいため、点滴が終わるとすぐに目が覚めるので日帰りでの手術が可能です。
  • 局所麻酔
    歯医者さんの麻酔のように、手術する部位だけ痛みを感じなくする方法です。手術そのものは痛みはありませんが、麻酔の注射はそれなりに痛いです。
    また、手術中意識がありますので、切っている箇所でゴリゴリ音がしたり引っ張られるような感覚があります。

静脈麻酔の場合は別途10万円の麻酔費用をいただいています。
注射が特に苦手だとか、感覚が過敏な方でもなければ局所麻酔でいいと思います。実際ほとんどの患者さんが局所麻酔で治療を受けています。

術後の痛みについても、痛み止めの飲み薬を処方しますので、それをきちんと飲んでいただければ、痛みはやわらぎ、痛くて夜も眠れないということはありません。

リスク

最大のリスクは麻酔です。
麻酔の事故を起こしてはなりませんので、全身麻酔は必ず麻酔専門医が担当すべきです。
当院では設備がないため、全身麻酔は行っていません。
静脈麻酔や局所麻酔でも呼吸が弱くなるなどリスクはありえます。そのため万が一のことを考えてそれに対応できるよう日々訓練し救急用の備品を整えています。

機能を損なうリスクもあります。
重要な神経を損傷することによって、顔面神経麻痺といった機能面での障害が発生することもあります。

美観に関するリスクがあります。
傷跡は100%残るものと考えていいでしょう。
術後にどれくらい傷跡が残るかには個人差があります。ケロイドというミミズ腫れのような傷跡が残る体質もありますし、人種によっても差がでます。蚊に刺された所や注射の箇所が盛り上がってしまう人、BCGの注射あとが盛り上がってしまっている人などはケロイド体質である可能性が高いです。
問題になるケロイド体質は問診でもわかります。問診時にケロイド体質かどうかは必ず確認させていただいていますので、まずはご相談いただければと思います。
当クリニックの美容部門は事前の受診だけであれば無料ですので、ケロイド体質であることがわかり、手術を見送る事になった場合は費用は一切発生しませんので、ご安心ください。

ダウンタイム

手術後に必ず問題になるのがダウンタイムです。ダウンタイムとは術後に生じる腫れ、内出血などが回復して、普段通りの生活に戻るまでの期間のことです。
切るフェイスリフトは、靭帯を切ったり骨膜を剥がすなど徹底的にやるとかなり負担が大きくなり、何ヶ月も腫れが残ったりします。
その間は外出に制限が生じたりします。

当クリニックではそこまでやりませんので、傷が髪の毛で隠れるようであれば翌日でも外出もできます。

実は靭帯を全て切り離したり骨膜を剥がしたりというような徹底的な治療を行った場合、ダウンタイムやリスクの程度がかなり大きくなりますが、それに見合うほどの絶大な効果が出るわけではありません。

このようなアグレッシブな治療は神経を損傷したり、血が溜まったりといったリスクが大きく、ダウンタイムも1ヶ月以上あり、患者さんに大きな負担を強いてしまいます。美容外科医の「やりつくした」という満足感、達成感を得るために患者さんが付き合わされるのは少々酷だと思います。

手術あとが残らない工夫

詳しくは下記の記事を御覧いただきたいのですが
目立つ傷跡は残さない!!キレイに皮膚を縫うためのデザイン力」簡単にご説明します。

リフトアップ手術の手術あとが残らない工夫

赤線のように切っているのです。切開する線をこのようにデザインすると、実際は傷あとがあるのに、何もないように目を錯覚させることができるのです。

「耳輪」の外縁に沿って切る、「前切痕」の切れ込みに沿って切る、「耳珠」の膨らみに沿って切る、「珠間切痕」の切れ込みに沿って切る

フェイスリフト手術のビフォーアフター
右は術後1年後の写真ですが、手術跡はほとんどわからないと思います。
美容外科の切るフェイスリフトの腕前を判断する方法
皮膚だけ引っ張るのは時代遅れです。皮膚の下にある、SMASを引っ張っているかがチェックポイントです。
SMASとは皮下組織の下にあり、表情筋と皮膚をつなげている膜です。皮膚の層
また、アグッレッシブすぎる手術は考えものでSMASだけでなく靭帯をも切断するなどと説明されたり書いてあれば ダウンタイムが長くなったり、神経麻痺といったリスクを覚悟する必要があります。

手術後気をつけること

引っ張り上げたのと逆方向に引っ張ったり、耳たぶを引っ張ったりとかしないことです。言い換えれば傷口が開く方向に引っ張ってはいけないということですね。

ずっと安静にしているのもよくありません。
足の怪我をしたあとで、足をクッションなどで高くして保つという経験をされた方などは多くいらっしゃると思います。これは心臓より患部を高い位置にすることで、腫れがひくのを促進するためです。
顔の場合は立っていれば心臓よりも高い位置になります。足などと同様に寝ていると腫れはひきにくくなります。

費用(税込み)

こめかみリフトアップ 550,000円
フェイスリフト 1,100,000円
静脈麻酔別途 100,000円

余談ですが

頬のたるみというと俳優の宍戸錠さんを思い出す方もいらっしゃるかもしれません。

宍戸錠

宍戸さんの頬のたるみは有名な話ですが、役作りのために「オルガノーゲン」という異物を注入したことによるものです。
体に吸収されない素材であったために、加齢によって皮膚の弾力がなくなったことで、異物の重みで垂れ下がってきてしまい、あのような頬のたるみになったのです。
この異物の摘出手術を行ったのは、京都大学医局入局の年次が私と同じ高見先生です。彼とはしばらく一緒に仕事をしていたのですが、そのような仕事をしたと知ったときには、あの頃のことを思い出して懐かしい気持ちになりましたね。