経結膜脱脂法(脱脂術)についてよくある質問

経結膜脱脂法(脱脂術)とは

年を重ねるごとに目の下はたるんできます。当初は目の下のクマと認識していてもだんだん悪化していきます。このたるみは涙袋、目袋などと呼ばれています。たるみの治療は切る手術と切らない手術がありますが、経結膜脱脂法(脱脂術と略して呼ぶ場合もあります)とは、下まぶたの裏側の結膜という部分に穴を開けて、そこから目袋の原因となっている脂肪を抜き出す治療です。

Q1
目の下のたるみを取る方法はありますか?
A1
治療法に関しましては、患者さんの下まぶたの状態に合わせて選択します。切開を必要とする下眼瞼切開法か、下まぶたの経結膜脱脂法のどちらかで最良の治療をご提案いたします。
Q2
施術後に日常生活の制限はありますか?
A2
簡単なお化粧も可能で、日常生活の制限はほとんどありません。
Q3
腫れや痛みはありますか?
A3
軽い腫れが4〜5日程度あります。麻酔を行いますので痛みはありません。小さな穴を開けるのみの手術です。
一般診療
診療日
月・火・水・金
9:30~12:30/15:00~18:30

土 9:30~12:30
休診日
木・日・祝
受付時間
9:00〜12:15/14:30〜18:15

内科・泌尿器科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7000

美容診療
診療日
月・火・水・木・金・土
10:00~18:30

※完全予約制です。ご予約はお電話ください。
休診日
日・祝
受付時間
10:00〜18:30

美容外科・美容皮膚科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7015

© 2021 GOHONGI CLINIC 五本木クリニック