●一般診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-50-5929

一般診療TEL03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-70-5929

一般診療TEL03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木・日・祝日休)

自己組織移植による鼻の修正手術についてよくある質問

Q1
手術にかかる時間はどれくらいでしょうか?
A1
実際に手術をしている時間は60~90分ほどです。手術前の準備の時間や手術終了後にお休みいただく時間を入れますと、余裕を持って約3時間程度見ていただくと十分です。
Q2
手術日を含め、何回の通院が必要ですか?
A2
手術の翌日から1日目、2日目と数えます。3日目に鼻に貼ったテープを剥がし、組織を固定している糸を抜き取ります。術後7日目にその他の糸をすべて抜糸します。
抜糸終了後は1カ月後、2カ月後、3カ月後に定期検診を行い、異常がないかチェックします。術後約6カ月で移植した組織が定着しますので、その時点で治療終了となります。
これらを合計すると6回の通院が理想的です。
遠方よりご来院の方は、通院回数を減らすことも可能です。テープ除去と抜糸を7日目に同時に行い、術後検診も特に異常がなければ6カ月後のみとすることで、最少3回までに減らすことができます。
Q3
初診で診察・カウンセリングを受けた後、当日すぐ手術することは可能ですか?
A3
事前にご予約いただいて、手術枠を確保されている場合は可能です。
遠方からご来院の場合は、通院回数を減らすために来院前にメールでの質問・回答や電話でのカウンセリングを行い、手術内容に対して十分にご理解・ご納得いただけた場合、初診時に当日手術を行うことも可能です。
ただし、過去に2回以上鼻の手術を繰り返されている方は、鼻の内部が複雑な状態になっています。事前にいろいろな検査が必要な場合があるため、初診当日の手術はお受けできません。
Q4
海外から一時帰国して手術を受ける場合、滞在期間は最短でどのくらい必要ですか?
A4
手術から抜糸まで1週間必要です。さらに2~3日の余裕を持って、10日あれば大丈夫です。
Q5
半年後にまた日本へ一時帰国する予定です。その際、アフターケアとして追加費用なしで受診は可能ですか?また手術後に在住国に戻ってからメールでアフターケアを受けることは可能ですか?
A5
いずれも可能です。当院では、術後1年間は無料でアフターケアを行っています。手術後は万が一に備え、24時間担当医と直接連絡の取れる体制を取っています。ご不安、ご心配なことがありましたらいつでもご相談可能です。
Q6
自己組織は体に吸収されると聞きました。移植の際はその分を考慮して少し多めに移植するのでしょうか?もしそうであれば移植直後は鼻が高く、だんだん低くなっていくのですよね。吸収はどのくらいで落ち着くのでしょうか。吸収され続けて鼻がとても低くなってしまうことはありませんか?
A6
通常、自己組織の定着率は平均すると8~9割くらいです。術後半年くらいの間に1~2割ほど吸収されますので、その分を見越して多めに移植します。半年で定着し、その後どんどん吸収されることはまずありません。たまに予想以上に吸収され、追加で組織移植を行った方がいらっしゃいますが、今までに3名ほどです。
Q7
術後の腫れは、テーピング除去をする3日目には人前に出ても気にならないくらいに治まるのでしょうか?またマスクをすることは手術部位に影響はありますか?
A7
3日目でテーピングを除去する時には、大きな腫れはほぼ引いていますので人前に出られます。ただし細かい腫れはまだ残っていますので、よく知った方だと気づかれる可能性はあります。マスクはいつでも着けられます。制限はありません。
Q8
耳介軟骨は細長い棒状にして移植すると将来変形することがあるという記事を見ました。そのようなことは可能性として有り得るのでしょうか?
A8
おっしゃるように、細長い棒状の軟骨は、時間がたつと弯曲したり変形したりすることがあります。そのため当院では棒状の軟骨は入れません。細かく砕いたり小片状に細工をしたりして移植しますので、変形する危険性はありません。
Q9
プロテーゼを抜いて自己組織に入れ替える方法ですが、先生はいつからこの手術を始められたのですか?また前述の変形が起きた症例はありますか?
A9
私はこの手術を1996年から行っています。その間に1,000例ほどの経験がありますが、以前勤務していた病院で数例棒状軟骨の変形例がありましたので、その後改良して、鼻筋の部分は筋膜移植のみ、あるいは細かく砕いた軟骨を筋膜で包んで移植する方法にしています。改良後は変形した例はありません。
Q10
五本木クリニックで自己組織移植の手術を受けられた患者さんが術後に気になる・不安などで相談されることにはどのような内容が多いのでしょうか?それに対し、先生はどのように対応・アドバイスをされていますか?
A10
1番多い心配は「組織の定着率」ですが、これだけはやってみないと予測不可能です。吸収分を見越して多めに組織を移植することで、吸収分をカバーするように対策をしています。予想以上に吸収されて追加で組織移植をした方がこれまでに3名ほどいらっしゃいますが、ごくまれなケースです。
多くの方はバランスの悪い大きすぎるプロテーゼが入っているため「高さは控えめにしたい」というご希望が多いです。吸収される分を見越して、術直後は元の高さと同じくらいになるよう多めに組織を移植します。そこから半年の間に少しずつ吸収されて、最終的にバランスの良い自然な高さに落ち着きます。
Q11
鼻筋に軟骨を入れず、筋膜のみで十分な高さを出せるのでしょうか?また砕いた軟骨を鼻筋に移植することは可能なのでしょうか?
A11
骨格のはっきりした男性的ながっちりした鼻やギリシャ彫刻のような高い鼻がご希望の場合は、筋膜と砕いた軟骨の両方を使います。
日本人女性らしい自然なラインの鼻がご希望の場合は、筋膜だけでも充分高さが出せます。
Q12
手術後はなるべく安静にしていた方が回復は早いのでしょうか?それとも通常の生活をしていても変わりはないですか?
A12
術後、ずっとベッドで横になっている必要はありません。手術した部位を心臓よりも高い位置にキープしていた方が腫れが引きやすいので、寝ているより立ったり座ったりしてある程度動いた方が回復も早いです。
Q13
眼鏡をかけることが多いのですが、組織を移植した部分に眼鏡が当たって不具合が生じる危険性はないでしょうか?
A13
普通の眼鏡は鼻骨の土台の部分で支えますので、組織を移植する鼻骨上部には当たりません。眼鏡やサングラスをかけることが、移植した組織に影響して変形したり吸収されたりすることはありません。
Q14
自己組織はプロテーゼと異なり一生持つのでしょうか?年を重ねるごとに不自然に変形したり問題が出てきたりすることはないのでしょうか?
A14
自己組織は完全に自分の鼻と一体化しますので、ほぼ一生ものです。ごくまれに、長年経過した後、移植した軟骨の輪郭が鼻先に浮き出てくる方がいらっしゃいます。その場合は軟骨の角を少し削れば治まります。
Q15
鼻をかんだり鼻に触れたりするような日常的な動作はいつから可能ですか?
A15
術後抜糸がすべて終了しましたら、鼻をかんだり鼻に触れたりするような日常的な動作が可能になります。全顔の洗顔やメイクは、テープ固定を解除する3日目から可能です。
Q16
術後に横向きに寝ることで手術した部分に悪影響がありますか?
A16
術後、横向きに寝ることに問題はありませんが、側頭筋膜を採った部分を下にすると痛みがあると思います。
Q17
手術当日に用意しなければならない物品はありますか?
A17
帽子をお持ちください。頭から側頭筋膜を採りますので、その部分にはちまきを巻くように包帯を巻きます。この包帯を隠すため、深めにかぶれる大き目の帽子をご用意ください。
Dr.松下 洋二
Dr.松下 洋二