ほくろ(黒子)についてよくある質問

ほくろとは

ほくろ(黒子 英語:mole)は医学的には正式名称として母斑細胞性母斑と呼びます。メラノサイト(色素細胞)に分化する母斑細胞が表皮や真皮内で増殖することによって、メラニン色素が増え褐色あるいは黒い班がみられる状態を一般的にはほくろと呼んでいます。
見た目がほくろは悪性黒色腫と似ているために、治療前にしっかりとダーモスコピー等を使用して鑑別診断する必要があります。

Q1
顔のほくろが気になります。レーザーで消すことは可能ですか?
A1
ほくろの治療で重要なことは確実な診断をくだすことです。安易にレーザーでほくろを消そうとしたら、実は悪性黒色腫であったら大変なことになります。当院では治療前にダーモスコピーを使用して術前に診断を下し、さらにほくろの一部を病理検査を行い、万が一の場合に備えています。
Q2
ほくろの治療は簡単ですか?
A2
ほくろは簡単にレーザーで消せる、とお考えの方が多いようです。しかし、ほくろは表面に見えている部分だけではなく、皮下や真皮にまでメラノサイトが潜んでいることもあります。あまり深くまでレーザーを照射することになり、凹んだ跡になってしまうことがあります。ほくろのレーザー治療は簡単そうに見えますが、実は難易度の高い美容皮膚科領域の症状とも考えられます。
一般診療
診療日
月・火・水・金
9:30~12:30/15:00~18:30

土 9:30~12:30
休診日
木・日・祝
受付時間
9:00〜12:15/14:30〜18:15

内科・泌尿器科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7000

美容診療
診療日
月・火・水・木・金・土
10:00~18:30

※完全予約制です。ご予約はお電話ください。
休診日
日・祝
受付時間
10:00〜18:30

美容外科・美容皮膚科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7015

© 2021 GOHONGI CLINIC 五本木クリニック