五本木クリニックHOME診療科目一覧皮膚科接触性皮膚炎(かぶれ)

接触性皮膚炎(かぶれ)

接触性皮膚炎(かぶれ)とは

かぶれは接触性皮膚炎といい、原因物質に触れたら誰でも起こるタイプのものと、原因物質に対してアレルギーを起こす人だけに生じるタイプのものとがあります。

症状

接触性皮膚炎

原因物質の毒性の強さによって症状の強さが決まり、アレルギーとは無関係なので誰でも起こりえます。
痒みを伴う発疹が、原因物質の接触した部分に出現し、その発疹は水疱・紅斑・丘疹などの典型的な湿疹を呈します。
原因物質は油・洗剤・石鹸など刺激の強いもので起こります。他、おむつかぶれは尿や便が細菌によって分解されできるアンモニアによる刺激で起きます。

アレルギー性接触皮膚炎

原因物質に触れて感作されると再び触れたときに同じ部位が赤くなります。
そして酷くなると表皮に水泡ができ、更に進むと爛れてびらんになり、最後には痂皮(かさぶた)となって治ります。

乳液による接触皮膚炎

ステロイド外用薬(ブデソニド含有)による接触皮膚炎

指サックによる接触皮膚炎

「The Current Color Atlas of Skin Diseases」より

原因

原因は様々で、植物、化粧品、金属、薬剤などあります。
植物では、うるし(ウルシオールという成分)、サクラソウ(プリミンという成分)、マンゴーなどが有名なものとしてあります。ガーデニングで症状が出る方も多くなっています。
化粧品では、香料や色素、最近ではパラフェニレンジアミンというヘアダイの成分などが原因となることが多くなっていますが、様々なものを使用しているので、原因を特定することは非常に難しくなります。
金属では、ニッケル・コバルトなどで、ネックレスや時計、めがねも原因となります。
薬剤では、湿布・イソジンなどの消毒薬、抗生物質の外用薬などでもかぶれる人がいます。中には湿疹の薬が原因となる珍しいケースもあります。

診断と検査

問診・視診である程度は診断できますが、アレルギーとの鑑別のために血液検査が必要になる場合があります。ご本人が化粧品等が原因であると思われるときは、現物を持参頂けると診断の助けになります。
パッチテストを行う施設もありますが、当クリニックでは行っておりません。

当クリニックの考え方・治療方法

確実な診断はパッチテスト(疑わしい物質を皮膚に貼付し、48時間後の皮膚反応を見るという検査)ですが、診断にやや時間がかかるため、当クリニックでは毎回は行なっていません。また、万が一アレルギーによるものですと、アナフィラキシーショックの危険がありますので行いません。
問診である程度抗原が推定できるので、まず即座の治療を優先しています。また、アトピー性皮膚炎とはアレルギーのタイプが違うので、好酸球やIgE抗体は関与しません。そのためには血液検査が必要となります。
いずれにしても接触性皮膚炎の一般の治療原則は原因物質を特定して接触を避けることです。そしてステロイド外用剤を湿疹の部分に外用・塗布します。
顔に強いステロイド軟膏はあまり使わないほうが良いと一般的にはとらえられていますが、患部がジクジクしているような強い症状に対しては、1週間程度を目処にして速やかに治してしまうことも一つの方法です。
痒みに対しては、内服薬の抗アレルギー薬・抗ヒスタミン薬を使用します。発疹の症状が強い場合や、自家感作皮膚炎の場合は、ステロイド内服等の全身投与が必要になることがあるので、当クリニックでも必要に応じて適宜使用しています。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。