五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科膀胱炎

膀胱炎

膀胱炎とは

尿をためておく膀胱の粘膜に炎症が起きる病気です。男性より女性に多いのが特徴です。膀胱炎は、「急性」と「慢性」に分けることができます。急性膀胱炎のほとんどは細菌感染よるものです。一方、慢性膀胱炎の原因はさまざまです。

膀胱炎の症状

膀胱炎の初期症状

膀胱炎は尿路感染症の中でも罹患する頻度がもっとも高い病気です。男性と比較して女性は尿道の長さが短い為に、女性は膀胱炎になりやすいと言えます。女性の場合、20歳代から30歳代の方で急性膀胱炎の患者さんの半数以上を占めます。女性の場合、男性と比較して尿道が短いだけではなく、肛門と外尿道口が近接していることも、細菌が膀胱内に入り込みやすい原因です。膀胱炎の状態を放置していると細菌が腎臓にまで達して(上行性感染)、腎盂腎炎の原因となることもあります。

女性の膀胱炎の症状

急性膀胱炎の場合、主徴として「頻尿」「排尿痛」「尿混濁」の3つが知られています。特に排尿痛は排尿の終わりに膀胱の出口付近(膀胱頸部)が収縮することにより引き起こされる痛みである、排尿終末痛が特徴的です。頻尿も排尿したのにすぐに尿が溜まった気がする、あるいは排尿したがスッキリ出ない為の残尿感によって何回もトイレに駆け込むことが原因です。尿混濁は細菌感染等が原因となって白血球が増加して濁って見えたり、なかには血尿が生じる場合もあります。

膀胱炎の種類

急性膀胱炎

細菌感染によって起きる膀胱炎で、原因菌の8割以上は大腸をすみかとする大腸菌です。大腸菌は、便の中や肛門の周囲や膣の付近にも存在しています。急性膀胱炎が女性に多いのは、尿道口と肛門の位置が近いためです。症状としては、1回の尿量が少なく頻尿になる、排尿中や終わりにジーンとしみるように痛む、残尿感がある、尿が白く濁るなどがあります。

急性膀胱炎について詳しく見る

慢性膀胱炎

膀胱の粘膜の炎症が続いている状態です。膀胱胆石や前立腺肥大症、尿路胆石、抗がん剤などの薬剤が原因となって、大腸菌などの細菌が侵入して発症します。症状は、下腹部の不快感ぐらいで、自覚症状がない場合もあります。急に炎症が強くなると、頻尿、排尿時の軽い痛み、残尿感などの症状が現れることがあります。

慢性膀胱炎について詳しく見る

間質性膀胱炎

膀胱の粘膜が傷つき、間質(粘膜下層)や筋層にまで炎症が及び、膀胱の筋肉が萎縮する病気です、日本では10年ほど前から知られるようになりましが、原因はまだ解明されていません。主な症状には、頻尿、知覚過敏、尿意切迫感があり、とくに膀胱に尿がたまるとだんだん痛くなる(膀胱痛)のが特徴です。排尿すると楽になります。

間質性膀胱炎について詳しく見る

放射線性膀胱炎

前立腺がんや膀胱がん、子宮がんなどの放射線治療で、膀胱が放射線を浴びたことによって粘膜が炎症を起こす病気です。急性期の症状には、頻尿や排尿痛があります。そのほか、残尿感、尿が白く濁るなどの症状が現れることがあります。慢性期になると粘膜から出血することがあります。放射線治療を受けてから数年後に症状が現れることもあります。

放射線性膀胱炎について詳しく見る

出血性膀胱炎

ウイルス感染、ウイルス感染に伴うアレルギー性の炎症などが原因で起きる病気です。そのほか、抗がん剤で発症することもあります。子どもがかかりやすく、アデノウイルスによるものが最も多いとみられています。症状として、目で見てわかる真っ赤な血尿、頻尿、排尿痛があります。そのほか、残尿感があったり、微熱程度の熱が出ることがあります。

出血性膀胱炎について詳しく見る

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。