五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科おしっこ(尿)をするとき尿道が痛い(尿道痛)

おしっこ(尿)をするとき尿道が痛い(尿道痛)

症状

膀胱から尿が外に出でるまでの通り道を尿道といいます。おしっこをする時、痛みを感じることを一般的に排尿時痛といい、尿道に細菌が侵入して感染をおこすことによりさまざまな症状があらわれます。身体的な疲れや精神的なストレスなどで体の免疫力が落ちている時にこれらの感染症にかかりやすいといわれており、病気によっては、高熱、血尿や頻尿、残尿感、排尿困難を伴い、尿道が狭くなっていれば、尿の線が細くなることもあります。また、一部の性感染症が尿道の痛みの原因となることもあり、その場合は、排尿時の焼けつくような痛みがあったり、尿道から黄色や白い膿が出て尿が濁ったり、尿の出口が赤く腫れることもあります。

原因

尿の出口から細菌などが侵入し、尿道や前立腺に感染して炎症を起こしたり、何らかの理由により尿道の粘膜に傷がつくことで痛みが出現します。
尿が出はじめる時の痛みの原因としては、尿道炎、前立腺炎、淋菌感染症などの性感染症が多く、尿が終わるころに生じる痛みの原因としては、尿路結石や膀胱炎、尿がでている間に痛みが持続する場合には、尿道結石、尿道腫瘍、尿道外傷などによる尿道狭窄が多いです。ちなみに、結石の約95%は腎臓や尿管にできるといわれており、尿道結石の頻度は多くありません。また、尿道腫瘍も発生頻度の低い、まれな疾患です。尿道炎は放置すると、排尿困難をおこす尿道狭窄の原因になるため、専門医の受診が必要となります。

疑いのある疾患

尿道炎

細菌、真菌、ウイルスが尿道に入ることによりおこります。女性は尿道が短いため、膀胱炎を併発することが多くなります。

症状としては、男女ともに排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿、尿意切迫などがみられ、男性で性感染症である淋菌またはクラミジアが原因の場合は、尿道からの分泌物がみられます。通常、原因菌にあった抗菌剤や抗ウイルス薬で治療します。

前立腺炎

前立腺に痛みと腫れが起きる病気で、細菌感染が原因で発症するものと、原因が良く分からないものがあります。

症状として、排尿時の痛み、おしっこの回数が多い頻尿、尿が出にくい排尿困難、膣の出口と肛門の間の会陰部や腰、男性の性器や精巣に痛みを感じます。ゆっくりと発症して再発を起こす慢性前立腺炎と急速に進行する急性前立腺炎があります。治療としては、薬物療法、物理療法、手術療法が選択されます。

尿道外傷

交通事故やスポーツによる骨盤骨折などの外傷や、尿道にカテーテルや膀胱鏡などを通す医療行為中に尿道が傷つくことを尿道外傷といいます。

症状として多いのは、尿をする時の痛み、血尿、尿がでにくい、などです。傷が挫傷にとどまれば自然に治ることもありますが、尿道が裂けている場合は手術による治療が必要になることが多いです。

尿道腫瘍

膀胱からおしっこが排出される通り道を尿道といい、長さは男性で約20cm、女性で約4cmです。尿道がんはまれな病気ですが、早期から周囲の組織に広がる傾向があります。
原因としては、膀胱がんの病歴、繰り返す性感染症などがあります。

早期のがんでは症状は全くでないことがあります。病気が進むと尿道から膿がでる、おしっこに血が混じる、排尿時に尿がでにくい、夜間に頻尿がある、会陰部や陰茎のしこり、足の付け根のしこりなどに気づくことがあります。

尿道結石

膀胱から尿の出口までの尿道に結石がとどまる病気で、尿道が長い男性に多くなっています。膀胱結石が尿道に落ちることで起きることがほとんどです。

症状としては、下腹部の強い痛み、頻尿や残尿感などのほか、尿が出にくかったり、二股にわかれたり、勢いが弱くなることもあります。肉眼でわかる血尿がみられることもあります。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。