五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科放射線性膀胱炎

放射線性膀胱炎

放射線性膀胱炎とは

骨盤内への放射線照射の影響で膀胱の粘膜に炎症が起きる病気です。放射線治療から数年から10年以上たって起きることもあります。

症状

急性期の症状には、1日に何度もトレイに行きたくなる頻尿や、おしっこをするときに痛みを伴う排尿痛があります。そのほか、排尿後にすっきりしない違和感が残る残尿感、尿が白く濁るなどの症状が現れることがあります。慢性期になると粘膜から出血することがあり、肉眼でも確認できる血尿や膀胱内に血液が固まった塊が大量に溜まり、尿が出せなくなる膀胱タンポナーゼなどを起こすことがあります。

原因

骨盤内にある前立腺、膀胱、子宮、卵巣のがんに対する放射線治療の際に膀胱周囲への放射線照射が原因となります。

診断と検査

必須なのは、骨盤へ放射線を照射した既往です。あとは膀胱がんや他の血尿の疾患を除外します。最終的には膀胱内視鏡検査が必要です。

当クリニックの考え方・治療方法

内視鏡などでの検査で診断はできます。タンポナーデになった場合は、導尿洗浄はしますが、連携医へ紹介し入院が必要なこともあります。

処方される主な薬

止血剤

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。