五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科萎縮膀胱

萎縮膀胱

萎縮膀胱とは

膀胱の弾力性と拡張性が失われてしまうことで、膀胱が全体的に萎縮して溜められる尿量が極端に減少した状態をいいます。

症状

膀胱は粘膜と平滑筋(内臓や血管の壁を形成する筋肉)からできた弾力性に富む臓器です。膀胱壁の厚さは1cm前後ありますが、尿が溜まってくると、平滑筋が伸びて膀胱壁が3mmくらいまで薄くなります。膀胱の容量は最大で約500〜600mlありますが、250〜300mlくらい尿が溜まると尿意をもよおします。萎縮膀胱の状態になると、極端に膀胱の容量が少なくなり、少し尿が溜まっただけでも尿意をもよおし、1日に何回もトイレに行く頻尿になります。

原因

最も多い原因が結核性膀胱炎です。結核性膀胱炎や間質性膀胱炎の治療のための放射線照射、胃・十二指腸潰瘍やいぼなどの除去のために組織を破壊・壊死(えし)させる薬物である腐食薬による膀胱炎などで起きます。また、ごくまれに膀胱腫瘍の治療法の一つであるBCG療法の副作用として萎縮膀胱を起こした、との報告もあります。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。