五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科巨大膀胱症

巨大膀胱症

巨大膀胱症とは

膀胱の出口には、自分の意思とは関係なく収縮する内尿道括約筋と、自分の意思でコントロールできる外尿道括約筋があり、排尿のコントロールをしています。巨大膀胱症は、この出口部分に明らかな閉塞がないのに膀胱が拡張したり、膀胱壁が薄くなったりする状態をいい、多くの場合、両側逆流性巨大尿管症を伴います。女児に起きる先天性の膀胱異常の一つですが、不明な点が多い病気です。

「巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症」という先天性の病気もあります。生命に関わる重篤な疾患であり、難病に指定されて医療費補助の対象です。

※詳しくは難病情報センターのサイトへ

症状

排尿中、頻尿、残尿感、血尿、尿の濁り、発熱、腰や背中の痛み、吐きけ、嘔吐、食欲不振といった尿路感染症に関連する症状が現れます。また、膀胱尿管逆流症がよくみられます。

原因

胎内で膀胱が形成される際に、過度の尿の貯留が続いたためと考えることが一般的です。原因としては、下部尿路(膀胱の出口から排尿口まで)通過障害、腸閉塞(巨大膀胱-小結腸、腸管蠕動運動低下症候群)などの合併症が知られています。腸閉塞では、筋肉の神経障害の一部である可能性が高いです。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。