五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科尿道下裂

尿道下裂

尿道下裂とは

男性の尿道の先天的な形態異常で、排尿するための外尿道口が亀頭の先端に開口せず、亀頭より手前に開いています。外尿道口が開口する位置によって、亀頭部下裂、陰茎部(おちんちん)下裂、陰嚢部(睾丸と副睾丸が収まっている袋)下裂、会陰部(陰嚢と肛門間)下裂に分かれます。多くの場合は、軽度の病状です。

症状

もっとも軽度な亀頭部下裂では、ほとんど障害はありません。陰茎下部裂では本来、尿道のあるべき部分がひきつれていて陰茎が腹側(下面)に弯曲しているため、立って排尿するのが困難になります。陰嚢部下裂や会陰部下裂では、陰嚢が左右に二分された状態(二分陰嚢)、矮小陰茎、陰茎前位陰嚢があります。また、停留精巣の合併症が多く見られます。

原因

男性の陰茎や尿道の形成には、胎生期の男性ホルモン(アンドロゲン)などの内分泌環境が重要な役割を果たしています。尿道下裂の発生には、胎児の精巣でのホルモン産生や作用異常が関与し、陰嚢部下裂や会陰部下裂では、内分泌環境や遺伝子異常が関係しています。

一方、亀頭部下裂や陰茎部下裂では、親の喫煙や食事、生活環境など、様々な外的要因が原因になります。

診断と検査

家族内発生の有無や母親が妊娠中にホルモン剤や解熱鎮痛剤を使用したかどうか聴取します。家族内発生がある場合は染色体検査やホルモン検査、内性器・性腺の確認のために内視鏡検査を行う場合もあります。

当クリニックの考え方・治療方法

手術を希望される方は手術のできる施設をご紹介します。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。