五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科精嚢炎

精嚢炎

精嚢炎とは

精液の多くを占める精嚢液をつくっている精嚢に、細菌が感染して起きる病気です。精嚢炎には、急性と慢性があり、急性精嚢炎の多くは、前立腺炎に伴って発症します。

症状

急性精嚢炎は前立腺炎を伴うことから、尿道や下腹部の不快な痛みや鈍痛、排尿時の痛みや熱感、残尿からくる頻尿、血尿、血精液(精液への血液の混入)、発熱などの急性前立腺炎と同様の症状が現れます。

一方、慢性化すると、射精するときに痛みを伴うようになります。

原因

急性前立腺炎に伴う精嚢炎は、大腸菌、ブドウ球菌、淋菌、レンサ球菌などの細菌が原因になります。そのほか、結核菌に感染して発症することもあります。慢性精嚢炎の場合、細菌感染のほかにも、膀胱炎が広がったり、リンパ行性や血行性感染に併発することがあります。

診断と検査

尿検査採血で尿の汚れや炎症の度合いをチェックするほか、超音波で精嚢腺の形態を検査する場合もあります。

当クリニックの考え方・治療方法

抗生剤を内服することで症状が改善します。

処方される主な薬

クラビット、フロモックスなど

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。