五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科真性包茎

真性包茎

真性包茎とは

包茎は、亀頭が包皮(陰茎を包む皮膚)に覆われた状態をいいますが、真性包茎とは、平常時はもちろん、勃起したときにも包皮をむく(翻転)ことができず、亀頭が完全に露出しない状態をいいます。

症状

常に包皮に覆われているために恥垢がたまりやすく、悪臭を放ちます。また、さまざまな細菌が繁殖しやすく、亀頭がかゆくなったり、発赤(赤み)の原因になるばかりでなく、亀頭や包皮が腫れる亀頭包皮炎を起こします。無理に包皮をむこうとしたり、性交したりする場合には痛みを伴います。

包茎では、包茎でない場合と比べて性交時に包皮が多く上下するため、陰茎への刺激が強くなり、早漏の原因になります。さらに、包皮の先端である包皮口(包皮輪ともいう)が極端に狭い場合、排尿に困難を伴うことがあります。

原因

包皮が長いなどの原因により、包皮輪口が狭くなると包皮が翻転できないために、亀頭を完全に露出できません。また、恥垢のたまりすぎや陰茎の炎症によって、亀頭と包皮が癒着してしまうことがあります。

診断と検査

幼児期に亀頭包皮炎を繰り返したり、尿路感染の誘因が疑われる際には積極的に包皮切開術や環状切開術を行います。

当クリニックの考え方・治療方法

手術ができる施設に紹介します。

処方される主な薬

処方薬はありません。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。