五本木クリニックHOME診療科目一覧形成外科肥厚性瘢痕(傷跡)

肥厚性瘢痕(傷跡)

肥厚性瘢痕(傷跡)とは

傷を埋めるための線維組織が過剰に生産され赤く盛り上がり、いわゆるミミズ腫れになった状態が肥厚性瘢痕とケロイドです。
肥厚性瘢痕は、ケロイド状態のことを指す場合が多いようですが、厳密には違いがあります。
組織の過剰増殖が一時的であり、傷の範囲内に限られるものを肥厚性瘢痕、その生産のコントロールが失われ増殖を続ける状態がケロイドとなります。
前胸部、肩甲部、恥骨上部などケロイドと同様の部位の他、耳介(じかい)、臀部(でんぶ)、足背などが好発部位となります。

症状

火傷の跡の肥厚性瘢痕

「KISSEI薬品(TOSHIBA)」より

見た目はケロイドに似ていますが、傷の範囲を越え健常皮膚へ広がることはなく、これを押し拡げるように大きくなり、長い時間をかけて自然に治る傾向があります。
赤みや盛り上がり、つっぱり感があります。痛みや痒みを伴うこともあります。

原因

はっきりとした原因は解明されていません。
外傷、熱傷、手術による縫合などが原因となる場合が多いようです。
遺伝、個人の体質、免疫学的活動性、力学的刺激など様々なことが発症因子となっているものと考えられます。

起こりやすい条件

  • 皮膚の色が濃い人種(白人には少なく、黒人には多い)
  • 何らかのアレルギー素因をもつ
  • ケロイドをもつ家系
  • 思春期や妊娠中
  • 栄養状態が悪い
  • 化膿した傷
  • しわを横切った傷

など

診断と検査

症状が出た原因・きっかけ・時間等を詳しくお尋ねします。ケロイドとの見分けが必要となりますので、患部の視診が重要となります。特別な検査は必要ありません。

当クリニックの考え方・治療方法

手術は、経験豊富な形成外科医が責任を持って担当させていただきます。入院の必要はありませんので、通院で手術は可能です。引き攣れた部分の解消はもちろん、見た目の美しさも期待できます。
飲み薬は、リザベンが効果的です。手術後も服用を継続することで更に傷跡が綺麗に仕上がります。
注射は、ステロイドを局所に使用することで、盛り上がった傷跡が平坦になります。一気に治療するのではなく少しずつ、長期にじっくり治していく方法です。経験の浅い医師の場合、過剰に注入してしまい、逆に患部が凹んでしまうことがあります。
ケロイドと同様に繰り返して症状が出現する場合は、日常生活に少し不便な場合がありますが、圧迫法を併用する場合もあります。

【注意】
関節の動きを制限するような引き攣れは保険診療の対象となりますが、帝王切開の傷跡などは自由診療「美容外科」の取り扱いとさせていただきます。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。