五本木クリニックHOME診療科目一覧形成外科ケロイド

ケロイド

ケロイドとは

傷を埋めるための線維組織が過剰に生産され、赤く盛り上がりいわゆるミミズ腫れになった状態がケロイドと肥厚性瘢痕です。
ケロイドは、肥厚性瘢痕(傷跡)との判別が専門家によって別れることがあります。
ケロイドは「治癒傾向をみせない」「怪我などの原因がなくても自然にできることがある」のが特徴で、肥厚性瘢痕との決定的な違いとして「周りへのひろがり方」があります。受傷部位だけでなく、周りの皮膚にもどんどん症状が広がっていきます。
前胸部、肩甲部、恥骨上部などが好発部位となります。

症状

瘢痕ケロイド。
線状配列を示す隆起性病変

「The Current Color Atlas of Skin Diseases」より

見た目は肥厚性瘢痕に似ていますが、傷から生じて周囲の健常皮膚へ広がっていきます。
赤褐色に硬化して盛り上がり、激しい痒みや痛みを伴います。傷が酷い場合は感染を起こし、排膿を繰り返す場合もあります。

原因

はっきりとした原因は解明されていません。
怪我や手術が原因となる場合が多いようですが、軽度な傷でケロイドが発生することもあります。
遺伝、個人の体質、免疫学的活動性、力学的刺激など様々なことが発症因子となっているものと考えられます。

起こりやすい条件

  • 皮膚の色が濃い人種(白人には少なく、黒人には多い)
  • 何らかのアレルギー素因をもつ
  • ケロイドをもつ家系
  • 思春期や妊娠中
  • 栄養状態が悪い
  • 化膿した傷
  • しわを横切った傷

など

診断と検査

診断は、患部がいつからどのようになってきたかという病歴を元に視診で判断します。
組織学検査の為に一部を切り取って顕微鏡で調べても、肥厚性瘢痕との見分けはつきません。

当クリニックの考え方・治療方法

残念ながら決定的な治療法は確立していません。
様々な治療を行ったり、治療を組み合わせる等の方法で効果を見ることになります。
リザベンというアレルギーの飲み薬が唯一効果を期待できる服用薬です。ステロイドの患部への注射も効果があります。
また、物理的に患部を圧迫させると広がりが抑えられます。
放射線やレーザーを使用した治療方法もありますが、過剰な期待は持てません。
当クリニックでは手術による治療はお勧めしません。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。