五本木クリニックHOME診療科目一覧内科脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)とは

脂質異常症(高脂血症)は、血中のコレステロール値、または中性脂肪値が高い病態のことです。
コレステロール自体は有害物質ではありません。むしろそれ自体は体に大切なものであり、ステロイドホルモンなどのホルモン骨格を作る原料となります。
また、コレステロールにも種類があり、動脈硬化の原因となるLDLコレステロールという、いわゆる「悪玉コレステロール」や、逆に動脈硬化を防ぐHDLコレステロールという「善玉コレステロール」があります。

高脂血症の診断基準(血清脂質値:空腹時採血)

高脂血症の診断基準(血清脂質値:空腹時採血)

症状

糖尿病高血圧症と同様に、殆どの場合はっきりした自覚症状がない為、症状だけで早期発見することが困難であり、血液検査で初めてわかることが殆どです。
放っておくと、増えた脂質がどんどん血管の内側に溜まってしまい、そして知らないうちに血管を傷つけ動脈硬化を引き起こす恐れがあります。メタボリックシンドロームの1要素です。

原因

原因は様々あり、もともと先天的に持っている遺伝的要素と、後天的な要素である食べ過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、運動不足、喫煙などの生活習慣が大きく関与しています。

怖い合併症

高血圧症合併症と同じで、血管が詰まりやすくなることや、動脈硬化から起こる心臓疾患や脳血管障害があります。これは一度きたせば生命を脅かすこととなります。

診断と検査

採血により、血中のコレステロール値や中性脂肪値を測定して診断します。
ただ、中性脂肪は朝の食事や前夜の食事に非常に影響されます。コレステロールは直前の食事にさほど影響を受けませんが、基本的には空腹時に採血します。
また、当クリニックでは、健診による高脂血症スクリーニングも行っています。

当クリニックの考え方・治療方法

コレステロールを下げなくてはならない目的は、高脂血症が続くといずれは起こる合併症を防ぐためです。
治療は、まず始めに食事・運動療法が中心となる生活環境の改善です。それで十分な効果が得られなかった場合に初めて薬物療法を行なっています。
残念ながら遺伝的な要素も大きいので、薬物治療が中心になってしまう患者さんも多いのが実情です。また、女性ホルモンの影響が大きいので閉経後の女性は要注意です。
直接症状が出てしまってからでは遅い病気ですので、定期的なチェックを心がけてください。

食事/運動療法

食事療法はまず、糖尿病の食事療法と同様に1日の摂取カロリーの決定からです。
体重(kg)÷{身長(m)の2乗}(BMIという)が22程度を標準体重といい、標準体重1kgあたり25~30kcal程度に一日のカロリー摂取を抑えます。脂肪は全体摂取カロリーの1割以下とし、肉類はできるだけ避けましょう。
中性脂肪が高い場合には、アルコールの加療摂取が原因であることが多く、その場合にはお酒は控えます。
運動は食事療法と併用したほうがよい効果が得られます。ジョギングや水泳など、ある程度の時間をかけて継続的に行うものが勧められます。激しい運動は必要ありません。とにかく無理はせず、長続きさせることが必要です。
高齢者や生活・仕事上に悪影響を与えかねない無理な生活指導は行っておりません。つまりその方のライフスタイルをお尋ねしながら個別のアドバイスを心がけています。

薬物療法

食事/運動療法を中心とした生活環境の改善を行った後、十分な効果が得られなかった場合に薬物療法を行っていきます。
現在、薬物療法は様々なものがありますが、当クリニックでも合併症や検査値の重症度により複数の薬剤の中から、適切なものを処方しています。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。