• サイト内検索ボタン
  • クリニックへ電話
  • お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

Dr.Masayoshi NAGATA

永田 政義(ながた まさよし)

永田医師は15年以上に渡って、当院で働いてくれています。奥様や子供さんたちも昼食を一緒に摂るために当院を時々訪れてきます。駆け出しの頃には私の家に遊びに来ていまして、お互いに痛飲して翌朝食卓の下で寝ていた、といったエピソードも。

若いときから優秀で後輩の面倒見も良い、かなりの頻度で関西弁がでる医師です。タイガースの大ファンで診察机の下に時々デイリースポーツが見え隠れするのは大目にみております。

院長・桑満おさむ

 

永田正義・日本泌尿器学会泌尿器科専門医・指導医

専門分野

尿路生殖器がん (早期がんへの低侵襲手術、去勢抵抗性前立腺がんおよび転移性腎細胞がんへの薬物治療など)。

腹腔鏡手術・ロボット支援下手術など低侵襲手術を中心としたがんへの手術加療、および進行性前立腺がんや転移性腎細胞がんなどの薬物治療の臨床に従事。研究は、基礎から臨床への橋渡しとなるTranslational researchを、主に血中循環腫瘍細胞(CTC)を用いたLiquid biopsyを中心に行なっている。

略歴

2000年3月 東京大学 医学部医学科卒業 ▶2000年5月 東京大学附属病院 泌尿器科医員 (研修医) ▶2001年~2006年 関連病院で泌尿器科臨床に従事 ▶2006年4月~2010年3月 東京大学大学院医学系研究科 外科学専攻博士課程 ▶2010年4月 東京大学附属病院 泌尿器科 助教 ▶2013年3月 国立国際医療研究センター 泌尿器科 医長 ▶2015年7月 順天堂大学大学院医学研究科 泌尿器外科学 准教授 (現職)

資格

■医師免許 医籍登録第408939号 (2000年4月28日 取得) ■日本泌尿器学会泌尿器科専門医・指導医 ■がん治療認定医 ■泌尿器腹腔鏡技術認定医 ■日本内視鏡外科学会技術認定 (泌尿器領域) ■ダビンチ支援手術 コンソールサージャン, 泌尿器ロボット支援手術プロクター認定(前立腺手術) ■腎癌研究会 学術評議員

最近5年のもの

  1. Taiki Ogasa, Masayoshi Nagata, H Koyasu, T China, K Kitamura, Y Wakumoto, S Muto, Shigeo Horie, Port site hernia at the robotic arm port after robotic assisted laparoscopic radical prostatectomy. Int J Urol Case Reports, 3(4): 153-6, 2020
  2. Naoya Nagaya, Mayuko Kanayama, Masayoshi Nagata, Shigeo Horie, Abiraterone rechallenge based on sequential testing of androgen receptor splice variant 7 expression in circulating tumor cells: A Case Report, Front Oncol, 2020, 10: 495-8
  3. Sainosuke Mizukami, Masayoshi Nagata, Hiroyuki Takahashi, Shigeo Horie, Clinicopathological study of the immunohistological expression of mTOR and phosphorylated mTOR in renal cell carcinoma. Juntendo Med J, 66(3): 206-212, 2020
  4. Naoya Nagaya, Masayoshi Nagata, Yan Lu, Mayuko Kanayama, Qi Hou, Zen-u Hotta, Toshiyuki China, Kosuke Kitamura, Kazuhito Matsushita, Shuji Isotani, Satoru Muto, Yoshiro Sakamoto, Shigeo Horie, Prostate-specific membrane antigen in circulating tumor cells is a new poor prognostic marker for castration-resistant prostate cancer, PLOS One, 2020 Jan 27;15(1):e0226219.
  5. Kitamura K, China T, Kanayama M, Nagata Masayoshi, Isotani S, Wakumoto Y, Muto S, Ide H, Horie S, Significant Association between Urethral Length Measured by Magnetic Resonance Imaging and Urinary Continence Recovery after Robot-assisted Radical Prostatectomy, Prostate Int. 2019, 7(2): 54-59
  6. Ohtaka A, Aoki H, Nagata Masayoshi, Kanayama M, Shimizu F, Ide H, Tsujimura A, Horie S, Sarcopenia is a poor prognostic factor of castration-resistant prostate cancer treated with docetaxel therapy, Prostate Int. 2019, 7(1): 9-14
  7. Nagaya N, Kanayama M, Masayoshi Nagata, Horie S, The Surge in the number of circulating tumor cells by the treatment with sunitinib for metastatic renal cell carcinoma: a case report, Intern Med., 2018, 57(18): 2695-2700
  8. Masayoshi Nagata, Horie S, Diagnosis and treatment in the era of precision medicine – Precision medicine and tailor-made medicine., Personalized Med Universe 2017 6: 1-3
  9. Muto S, Kitamura K, Ieda T, Shimizu F, Nagata Masayoshi, Isotani S, Ide H, Yamaguchi R, Horie S. A preliminary oncologic outcome and postoperative complications in patients undergoing robot-assisted radical cystectomy: Initial experience. Investig Clin Urol. 2017 May;58(3):171-178
  10. Shimoyama H, Isotani S, China T, Nagata Masayoshi, Yokota I, Kitamura K, Wakumoto Y, Ide H, Muto S, Tujimura A, Yamaguchi R, Horie S, Automated renal cortical volume measurement for assessment of renal function in patients undergoing radical nephrectomy. Clin Exp Nephrol 2017, 21(6): 1124-30
  11. Nakagawa T, Taguchi S, Uemura Y, Kanatani A, Ikeda M, Matsumoto A, Yoshida K, Kawai T, Nagata Masayoshi, Yamada D, Komemushi Y, Suzuki M, Enomoto Y, Nishimatsu H, Ishikawa A, Nagase Y, Kondo Y, Tanaka Y, Okaneya T, Hirano Y, Shinohara M, Miyazaki H, Fujimura T, Fukuhara H, Kume H, Igawa Y, Homma Y., Nomogram for predicting survival of postcystectomy recurrent urothelial carcinoma of the bladder. Urol Oncol 2017 35(7) 457, 15-21
  12. Kawahara N, Hotta Z, Kanayama M, Masayoshi Nagata*, Akaza H, Horie S, Principle Component Analysis of Health-Related Quality of Life Measures for Prostate Cancer. Juntendo Med J 2016 62(6): 472-8
  13. Nagata Masayoshi*, Author reply to ‘Legal systems’ responses to medical malpractice.’ Intern Med J 2016 Sep;46(9):1118-9.
  14. Ieda T, Muto S, Shimizu F, Taguri M, Yanada S, Kitamura K, Terai K, Saito K, Ogishima T, Nagata Masayoshi, Ide H, Okegawa T, Wakumoto Y, Sakamoto Y, Tsujimura A, Yamaguchi R, Nutahara K, Horie S, Development and Validation of a Novel Recurrence Risk Stratification for Initial Non-muscle Invasive Bladder Cancer in Asia. EbioMedicine 2016, 12: 98-104.
  15. Nagata Masayoshi, Satoru Muto, Shigeo Horie, Molecular Biomarkers in Bladder Cancer: Novel Potential Indicators of Prognosis and Treatment Outcomes. Disease Markers 2016:8205836.
  16. Nagata Masayoshi*, Sugihara M., Takita M., Tanimoto T., Kami M., Punishment for a medical malpractice in Japan. Intern Med J 2016 Jan;46(1):120-1.

筆頭演者としての発表のうち最近3年のもののみ

  1. 永田 政義, 幹細胞から見た前立腺がん治療戦略の未来 “Translational research for advanced prostate cancer with liquid biopsy”, 教育セミナー18, 第106回 日本泌尿器科学会総会

    2018.4.20, 京都

  2. 永田 政義, 金山 麻裕子, 長屋 直哉, 堀江 重郎, 「リキッドバイオプシーはここまで進んだ」進行性前立腺がんの臨床に向けてのLiquid Biopsyの展望, 教育企画6, 第106回 日本泌尿器科学会総会

    2018.4.21, 京都

  3. 永田 政義, 堀江 重郎, 転移性腎細胞癌患者の血中循環腫瘍細胞におけるPD-L1発現の解析, ワークショップ11, 第22回 日本がん分子標的治療学会学術集会

    2018.5.17, 都市センターホテル 東京

  4. 永田 政義, 「男性のゲノム医療」前立腺がんのゲノム医療, シンポジウム4, 第18回 日本Men’s Health医学会

    2018.7.14, 台場 東京

  5. 永田 政義, ランチョンセミナー「腎癌診療の現状と展望」, 転移性腎細胞がんの治療経験を踏まえて今後の1st line治療を考える, 第83回日本泌尿器科学会東部総会

    2018.10.13, グランドニッコー東京, 東京 台場

  6. 永田 政義, ランチョンセミナー「前立腺癌 ~それぞれの至適治療~ 手術と放射線の立場から」“Oligomets”も含めた進行前立腺がんへの手術療法, 日本泌尿器腫瘍学会 第4回学術集会

    2018.10.20 ランドマークタワー横浜

  7. 永田 政義, 進行性前立腺がん治療における血中循環腫瘍細胞解析と臨床応用, 第25回前立腺癌フォーラム

    2018.10.27, ベルサール神田, 東京

  8. Masayoshi Nagata, Multidisciplinary tumour board “Oligometastatic prostate cancer” – Role of surgery in oligometastatic prostate cancer – , ESMO-Asia 2018 Congress

    2018.11.23, Singapore

  9. Masayoshi Nagata, Naoya Nagaya, Mayuko Kanayama, Shigeo Horie, The change in expression of prostate-specific membrane antigen in circulating tumor cells during treatments for castration-resistant prostate cancer, ESMO-Asia 2018 Congress

    2018.11.24, Singapore

  10. Masayoshi Nagata, Chemotherapy of Prostate Cancer, The 35th Korea-Japan Urological Congress

    2018.12.8. 沖縄

  11. 永田 政義, シンポジウム 4「前立腺癌の診断の進歩:画像・バイオマーカー・リキッドバイオプシーなど」進行前立腺がんへLiquid Biopsy の有用性と展望, 第107回 日本泌尿器科学会総会

    2019.4.18, 名古屋

  12. 永田 政義, 長屋 直哉, 堀江 重郎, 進行性前立腺がんの内分泌治療抵抗性を予測する血中循環腫瘍細胞解析の有用性, 第92回 日本内分泌治療学会学術総会

    2019.5.9 仙台

  13. 永田 政義, シンポジウム 3 「ホルモン依存性癌の新展開」ホルモン依存性前立腺がんへのLiquid Biopsy の有用性と展望, 第92回 日本内分泌治療学会学術総会

    2019.5.9 仙台

  14. Masayoshi Nagata, Naoya Nagaya, Shigeo Horie, Prostate-specific membrane antigen (PSMA) in circulating tumor cells (CTCs) is a new poor prognostic marker for castration-resistant prostate cancer (CRPC). The 17th Urological Association of Asia Congress

    2019.8.7, Malaysia

  15. 永田 政義, 共済セミナー5 「転移性腎細胞がんにおける薬物治療戦略と実践 ~1st line治療を中心に~」 第85回 日本泌尿器科学会東部総会

    2020.10.3 WEB(パシフィコ横浜)

  16. 永田 政義, セッション:パネルディスカッション 2 Oligomets泌尿器がんへの治療戦略 「Oligomets.前立腺がんに対するCytoreductive prostatectomy」日本泌尿器腫瘍学会 第6回学術集会

    2020.10.24 京都

  17. 永田 政義, シンポジウム「ロボット前立腺全摘時代の転移性前立腺癌に対する局所治療:治療戦略は変わるのか?」転移性前立腺がんに対する手術療法の経験、国際共同研究を含めて泌尿器内視鏡学会 第34回学術集会

    2020.11.19 WEB(岡山)

  18. 永田 政義, イブニングセミナー腎細胞がんの治療戦略 ESMO 2020における免疫併用療法のUpdate 当院での使用経験も含めて泌尿器内視鏡学会 第34回学術集会

    2020.11.20 WEB(岡山)

Schedule of Doctors

泌尿器科・内科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

桑満

桑満

桑満

休診

永田秋山・平松

休診

15:00〜18:30

桑満

桑満

桑満

休診

永田・渡辺

休診

休診

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。