発熱外来

当院は発熱外来を実施している医療機関です

東京都指定の「診療・検査医療機関」として、東京都福祉保健局のもと新型コロナウイルス行政検査を実施しています。当院で行える検査はPCR検査・抗原検査の2種類です。

行政検査とは?

検査費用は無料です

受診には必ず保険証をご持参ください。医師が検査を必要と判断した場合、検査費用は無料ですが、別途初診料等は患者さん側の負担が発生いたします。薬の処方がない場合は3割負担の方で1900円くらいが目安です(検査内容によって若干の変動はあります)。

行政検査の対象

新型コロナウイルス感染症にかかる「行政検査」の対象者としては、感染症法第 15 条第1項・第3項第1号より、以下の方が対象です。

  1. 新型コロナウイルス感染症の患者
  2. 当該感染症の無症状病原体保有者
  3. 当該感染症の疑似症患者
  4. 当該感染症にかかっていると疑うに足りる正当な理由のある者(濃厚接触者である、または濃厚接触者の疑いがある場合も含む

※保健所の業務負担軽減のため

発熱外来で行える検査

医師が検査が必要と判断した場合にのみ行う検査となります。陰性証明目的とした検査ではございませんのでご注意ください。

新型コロナウイルスPCR検査

当院では鼻咽頭ぬぐい液による検査方法を行なっています。厚生労働省の見解によれば発症から9日以内であれば検出可能とされています。無症状であっても検出可能です。検査会社に提出するために検査結果は翌日になってしまいます。

新型コロナウイルス抗原検査

抗原検査キットを使用しています。採取方法は鼻咽頭ぬぐい液でウイルスの構成成分であるタンパク質を検出する方法です。判定時間は15分であるのでその場で検査結果がわかる長所があります。

インフルエンザウイルス検査

「クイックナビ-Flu」というインフルエンザ迅速診断キットを使用します。判定に要する時間は5分と短く、陽性の場合は2分程度で検査結果が判明します。検査は鼻腔拭い液・鼻腔吸引液・咽頭ぬぐい液を使いますが、当院では主に鼻腔拭い液を使用しています。

発熱外来受診の流れ

夏は熱中症による発熱、冬はインフルエンザなどで発熱を訴える患者さんが増加します。発熱を伴う風邪、インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症は、症状のみでの判別は困難です。

ですので他の患者さん並びに発熱患者さん同士の接触をできるだけ避ける必要がありますので、ご来院される前に必ず電話で予約してください。

一般診療フリーダイヤル0120-50-5929

9:00〜12:15/14:30〜18:15
※木・日・祝は休診です※土曜日は午前中のみ

投稿日: 更新日:

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

内科|一般診療

Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・野波

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院