前立腺がんは10年間で1.8倍増加と報告されました

血液検査で早期発見が可能な前立腺がんが急増しています。

年々増加している前立腺がん

2022/6/9 付の毎日新聞で、

前立腺がん、10年で1.8倍に 治療方針がQOLに影響

との報道がありました(https://mainichi.jp/articles/20220606/k00/00m/040/103000c)。

国立がん研究センターがん情報サービス「がんの統計」の2022年版によると、18年に前立腺がんと新たに診断された男性は過去最多の9万2021人に上る。08年は5万1534人で部位別では胃がんなどに次いで4番目だったが、その後の急増で、17、18年は胃がんを上回って最多の部位となった。

前立腺がんの増加に伴い、前立腺がんで亡くなる方も10年前と比べて1.2倍に増加しています。

前立腺がんの早期発見についての注意点

前立腺がんは腫瘍マーカーによって鋭敏に検出されることが知られています。しかし、治療する必要のない前立腺がんまでも見つけてしまうことが、私たち泌尿器科医の悩みのタネでした。

PSAによる前立腺がん検診は過剰診断・過剰治療の温床か?

PSAによる前立腺がん検診は過剰診断・過剰治療の温床か?

前立腺がんを早期発見する方法としてPSAに期待を寄せた時期がありました。しかし、PSAは本来ならば治療する必要のない前立腺がんまで見つけてしまうという欠点があります。果たしてPSAはがん検診に採用されるべきなのかについて、激しい議論が世界中で行われました。そして現在も議論は進行中です。

PSAの他に昨年2021年からは前立腺がんの新しい腫瘍マーカー「phi 」が保険収載されています。前立腺がんの疑いが指摘された場合はお近くの泌尿器科を受診してください。





ドクター桑満

桑満 おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

医学情報を、難解な医学論文をエビデンスとしつつも誰にでもわかるようにやさしく紹介していきます。

一般診療
診療日
月・火・水・金
9:30~12:30/15:00~18:30

土 9:30~12:30
休診日
木・日・祝
受付時間
9:00〜12:15/14:30〜18:15

内科・泌尿器科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7000

美容診療
診療日
月・火・水・木・金・土
10:00~18:30

※完全予約制です。ご予約はお電話ください。
休診日
日・祝
受付時間
10:00〜18:30

美容外科・美容皮膚科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7015

© 2021 GOHONGI CLINIC 五本木クリニック