肌:ハリを取り戻したい

老けて見えてしまう元凶

肌のハリがなくなるということは、年齢よりも老けて見えてしまう元凶です。肌のハリを失うことは、毛穴やシワ、肌のたるみを促してしまいます。年齢とともにある程度ハリが失われていくことは仕方のないことですが、日常のセルフコントロールとともに、美容皮膚科専門医によるアドバイスと治療によって充分保っていくことができます。

真皮の弾力性がなくなることが原因

肌のハリが失われてしまう原因は、真皮の弾力性がなくなってしまうことです。真皮とはクッションに当たる弾力性をつかさどっている部分です。加齢とともに肌の水分量が減ってみずみずしさを失うことも大きな原因ですが、睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が欠如していること、食生活による蛋白質、ビタミンB1、B2、Cの欠乏など、生活習慣がうまくコントロールできていないことでも生じます。これらを改善することも重要ですが、ハリを取り戻す治療を検討してみることも大切です。

当クリニックのおすすめ治療法

医師の紹介

松下洋二医師

このページの筆者:松下洋二
Yoji Matsushita, M.D.

鳥取大学医学部卒業後に京都大学医学部形成外科に入局。大学附属病院などで形成外科・美容外科で働いた後、2007年より五本木クリニックの美容診療部の部長に就任。

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

10:00~18:000120-70-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。