肌:ハリを取り戻したい

老けて見えてしまう元凶

肌のハリがなくなるということは、年齢よりも老けて見えてしまう元凶です。肌のハリを失うことは、毛穴やシワ、肌のたるみを促してしまいます。年齢とともにある程度ハリが失われていくことは仕方のないことですが、日常のセルフコントロールとともに、美容皮膚科専門医によるアドバイスと治療によって充分保っていくことができます。

真皮の弾力性がなくなることが原因

肌のハリが失われてしまう原因は、真皮の弾力性がなくなってしまうことです。真皮とはクッションに当たる弾力性をつかさどっている部分です。加齢とともに肌の水分量が減ってみずみずしさを失うことも大きな原因ですが、睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が欠如していること、食生活による蛋白質、ビタミンB1、B2、Cの欠乏など、生活習慣がうまくコントロールできていないことでも生じます。これらを改善することも重要ですが、ハリを取り戻す治療を検討してみることも大切です。

当クリニックのおすすめ治療法

医師の紹介

松下洋二医師

このページの筆者:松下洋二
Yoji Matsushita, M.D.

鳥取大学医学部卒業後に京都大学医学部形成外科に入局。大学附属病院などで形成外科・美容外科で働いた後、2007年より五本木クリニックの美容診療部の部長に就任。

お知らせ

10月05日
新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
COVID-19 research Japan
10月01日
インフルエンザの予防接種を開始しました。
来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
09月03日
当院は東京都から指定を受けた診療・検査医療機関です。
保健所の負担軽減目的で症状がある、あるいは濃厚接触者である、または濃厚接触者の疑いがある場合は、保健所に連絡不要で当院で抗原検査・PCR検査を受けることができます。詳しくは発熱外来をご覧ください。