眼の下のクマ:疲れている・老けて見える悩みから開放されたい

クマとは

クマ(隈)と呼ばれる状態のほとんどが目の下が黒っぽい、青っぽい、などの「色がついて見えること」です。歌舞伎役者が目の周りに縁取りをしているのが「隈取り」です。この「隈取り」と似ている状態であることからクマと呼ばれるようになりました。

クマの原因としては老化が主ですが、血管の拡張や血管の中の血液の流れが悪いことも考えられます。

目の下のクマは青いクマ、黒いクマ、茶色いクマに大きく分けられます。

青いクマは血管が透けて見える状態であり、黒いクマは皮膚のたるみが原因となって影ができている状態です。さらに色素沈着による茶色いクマもあります。

当クリニックのおすすめの治療法

医師の紹介

松下洋二医師

このページの筆者:松下洋二
Yoji Matsushita, M.D.

鳥取大学医学部卒業後に京都大学医学部形成外科に入局。大学附属病院などで形成外科・美容外科で働いた後、2007年より五本木クリニックの美容診療部の部長に就任。

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

10:00~18:000120-70-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。