尿崩症

尿崩症とは

腎臓の尿細管では、原尿から水分を再吸収して体内の水分調整を行っています。
水分の再吸収をつかさどっているのが脳の脳下垂体後葉から分泌される抗利尿ホルモンですが、このホルモンの分泌や作用に障害が生じると、尿細管から水分の再吸収を行えなくなります。

症状

突然発症することが多く、主な症状は多尿です。多尿に伴う脱水状態のため、喉が渇いて頻繁に水分を取るようになります(多飲)。

健康な成人の1日尿量は1.2〜1.5Lですが、尿崩症になると1日3L以上となり、時には10L以上になることもあります。睡眠中も尿量が減少しないことから、一晩に何回も排尿と喉の渇きによる多飲を繰り返します。

原因

脳下垂体後葉からの抗利尿ホルモンの分泌障害が原因となる中枢性尿崩症と、抗利尿ホルモンの分泌は正常でも、腎臓の機能に異常があるために抗利尿ホルモンが働かなくなったり作用が低下したりすることによって起きる腎性尿崩症があります。

原因ははっきりしていませんが、中枢性尿崩症では、脳腫瘍、頭部の外傷や手術後に起きることがあり、脳下垂体に伝わる神経系の障害が原因の場合もあります。また、まれに遺伝子の異常によるものもあります。

診断と検査

血中、尿中の浸透圧や抗利尿ホルモンを測定します。尿崩症では血中浸透圧は高く、尿中浸透圧や抗利尿ホルモンは低値となります。また、摂取水分量を制限し、採尿と採血を行い、浸透圧の変化を調べます。尿崩症では尿浸透圧は上昇しません。

また、抗利尿ホルモンを注射してその効果を調べます。中枢性では尿量が減少しますが、腎性では変わりません。MRIにて下垂体後葉に異常がないかチェックします。さらに、糖尿病や腎臓病などの除外や心因性多飲多尿の有無を調べます。

当クリニックの考え方・治療方法

抗利尿ホルモンの分泌障害がある場合は、内分泌専門医をご紹介します。また、頭部外傷や脳手術の既往歴がある方には脳外科をご紹介します。

処方される主な薬

バソプレシンもしくはデスモプレシンスプレーまたは点鼻薬

投稿日: 更新日:

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

お知らせ

07月24日
7月26日(火)の発熱外来は12:00より行います。
受診ご希望の方は、必ず電話で予約をしてください。予約完了後にWeb問診票の入力をお願いします。
07月22日
発熱外来について
7月23日(土)の発熱外来は抗原検査キットの在庫が無くなってしまったため行えません。
07月20日
発熱外来の開始時間について
7月20日(水)の発熱外来は12:00から行います。電話受付は9:00より開始しますが、重症度や緊急性、7月19日に対応できなかった方を優先させていただく場合がございます。現場の混乱を少しでも回避するための措置であることをどうかご理解ください。
GOHONGI CLINIC

外来受診のご案内

Schedule of Doctors

一般診療の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・野波

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

Access

五本木クリニックの場所

Contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

一般診療
診療日
月・火・水・金
9:30~12:30/15:00~18:30

土 9:30~12:30
休診日
木・日・祝
受付時間
9:00〜12:15/14:30〜18:15

内科・泌尿器科・発熱外来

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7000

美容診療
診療日
月・火・水・木・金・土
10:00~18:30

※完全予約制です。ご予約はお電話ください。
休診日
日・祝
受付時間
10:00〜18:30

美容外科・美容皮膚科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7015

© 2021 GOHONGI CLINIC 五本木クリニック