●一般診療のお問い合わせ

0120-50-5929

03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

0120-70-5929

03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木曜・祝日休)

泌尿器科

急性腎障害(AKI)

急性腎障害(AKI)とは

以前は急性腎不全と呼ばれており、数時間〜数日のうちに突然、腎機能が低下する状態に陥ります。

老廃物が排泄できなくなり、余分な水分が体内に蓄積し、電解質異常を来し、命に関わる重篤な状態になることもあります。

症状

尿量の減少、または無尿になります。そのほか、血尿や褐色の尿が出たり、顔面や下肢などのむくみ、吐き気、食欲不振、全身の倦怠感や疲れやすさ、意欲の減退などが見られます。

また、電解質の異常によって脳の代謝機能に異常が生じ、けいれんを起こすことがあります。人によっては、病状の初期には尿量の減少が見られないなど、症状が現れないこともあります。

原因

大きく3つの原因があります。

腎前性:敗血症や出血、ネフローゼ症候群などによって血液循環が悪化し、腎臓への血流が減少するために、腎臓での血液濾過機能が低下します。腎臓自体に障害はありません。

腎性:腎臓自体が障害されたために起こる腎障害です。感染やがん、薬物などによって腎臓が障害されて腎機能が低下します。

腎後性:前立腺肥大症や尿管閉塞などによって尿が流れる尿路に障害が生じ、排尿がスムーズにできなくなることによって腎機能が低下します。

診断と検査

急性腎障害の診断は、血液検査での血清クレアチニンの値で分かります。原因検索のためには血液検査や尿検査、画像診断(超音波、X線、CT、MRIなど)だけでなく、詳細な病歴が手掛かりになることがあります。

当クリニックの考え方・治療方法

腎前性の場合は点滴、出血に対しては輸血のできる施設をご紹介します。腎性の場合は腎臓内科専門医のいる施設をご紹介します。腎後性の場合は尿路閉塞の原因除去を行います。

処方される主な薬

原因疾患の治療を行います。場合によっては血液透析が必要となります。