陰茎がん

陰茎がんとは

陰茎がんは皮膚がんの1種で、陰茎の先端の亀頭部、亀頭を包む包皮などに発生するがんです。

男性のがん全体に占める割合は0.5%未満とまれながんで、60〜80歳代に多く発生します。特に、65〜70歳が発生のピークです。

症状

発生部位の半数は亀頭部で、次が包皮です。初期には腫瘤(おでき)やびらん(ただれ)、潰瘍ができますが、痛みはありません。進行すると、がんが陰茎内部の海綿体や尿道などに広がり(浸潤)、排尿困難を起こすことがあります。

さらに進行すると、鼠径部(太ももの付け根)のリンパ節に転移することが多く、転移したリンパ節が腫脹して硬く触れ、やがてリンパ液の流れが悪化して脚がむくむようになります。さらに血流に乗ってほかの臓器や組織に転移すると、全身の倦怠感や体重減少などの症状が現れます。

原因

包茎だと包皮の内側に恥垢がたまりやすく、その恥垢による刺激や亀頭包皮炎、不衛生な陰茎などがリスク要因になっているのではないかと考えられてきました。また、細菌やウイルスなどの感染も要因の1つですが、最近では子宮頸がんの原因となっているヒトパピローマウイルスが何らかの関与をしているのではないかと推測されています。

喫煙者の陰茎がん発生のリスクが高いとが分かっており、その発生率は非喫煙者の2.8〜4.5倍との報告があります。

診断と検査

診断には十分な視診を行うことが重要であり、包茎の場合は可能な限り包皮を翻転させて診察します。腫瘍や潰瘍があれば生検し、ソケイリンパ節の触診も行います。

海綿体への湿潤の有無の評価にMRIを使用し、転移の有無には胸部レントゲン撮影、CT、骨シンチグラフィーなどを行います。

当クリニックの考え方・治療方法

陰茎がんが疑われたら、しかるべき施設に紹介します。

処方される主な薬

必要に応じて抗がん剤が投与されます。

投稿日: 更新日:

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

お知らせ

09月03日
当院は東京都から指定を受けた診療・検査医療機関です。
保健所の負担軽減目的で症状がある、あるいは濃厚接触者である、または濃厚接触者の疑いがある場合は、保健所に連絡不要で当院で抗原検査・PCR検査を受けることができます。詳しくは発熱外来をご覧ください。
08月27日
現時点で当院でのワクチン予約枠は全て埋まリました。
以降の見通しについてわかり次第お伝えいたします。
08月24日
9/4土13:30〜17:30 ワクチン個別接種を行います。※予定数に達しました
ご予約はお電話でのみ受付いたします。当院かかりつけの方を優先とさせていただきます。接種券はお住まいの自治体発行のものをご利用いただけます。

個別接種のご予約はお電話でのみ受付します。
Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・野波

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院