腎膿瘍(じんのうよう)

腎膿瘍とはどんな病気?

読み方:じんのうよう(英語表記)renal abscess

細菌によって腎臓の腎実質、特に外側の皮質あたりに膿の塊ができる病気です。小さな膿の塊を膿瘍といいます。膿瘍が腎実質にたくさん形成され、それらが融合すると、腎実質全体が膿で占められることもあります。

腎臓を覆っている皮膜が破られ、腎臓周辺の組織が感染すると、腎周囲膿瘍になります。

症状

悪寒や震えなどを伴う高熱、背部(背中)や側腹部(わき腹)の痛み、全身に及ぶ倦怠感、体重減少などの症状が現れます。背中やわき腹を叩くと痛みが強まるのが特徴です。また、排尿痛や残尿感などの膀胱炎に似た症状が現れることもあります。

一般的に非常に重篤であり、救急車で病院に来られる方が多いです。

原因

腎皮質膿瘍は、皮膚や口の中など、腎臓以外に化膿している病変から細菌が血流に乗って腎臓に達することで感染します。その背景として、血液透析、糖尿病などがあります。原因菌として多いのが黄色ブドウ球菌で、一般的には2つある腎臓の片方に感染します。

腎髄質膿瘍は、尿路結石や膀胱尿管逆流症などの尿路の病気や糖尿病があると感染しやすく、原因菌としてはグラム陰性球菌が多く見られます。

診断と検査

採血で炎症所見が著明に現れます(白血球やCRP値)。尿路に膿瘍が通じれば膿尿にもなります。
膿の塊がどこにあるのかを診断する必要があり、超音波やCTなどの画像診断も必要です。

当クリニックの考え方・治療方法

腎盂腎炎に症状が似ますが、腎膿瘍は命に関わる重篤な病状になることが多く、特に高齢者に疑われた場合には集中治療や緊急手術が可能な病院へ搬送します。

処方される主な薬

点滴の抗生剤が基本ですが、緊急ドレナージ(膿を外へ出す)か、緊急腎摘出の外科的処置が必要なことが多いです。

投稿日: 更新日:

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・野波

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院