MRI検査

MRI検査とは

体内の様子を画像化する検査です。

強い磁場の中では、体内にある水素原子核がごく弱い電波を発信します。その性質と、水素原子核がある特定の方向を向く磁気共鳴という現象を利用して、水素原子核から放出される電波をコンピュータで解析することで体内画像が映し出されます。CT検査のようにX線に被曝することなく、あらゆる角度からの断層画像が得られるのが特徴です。

検査で分かる病気

  • 尿崩症
  • 尿道外傷
  • 急性腎障害(AKI)
  • 陰茎がん

など

検査方法

MRI装置の寝台にあおむけに寝て、ドーナツ状の装置(ガントリー)の中に入り撮影をします。検査時間は20〜30分です。

通常、検査前の食事制限はありませんが、造影剤を用いる場合は検査の4〜6時間前は絶食します。

MRIは磁力を発生するので、心臓ペースメーカーを植え込んでいる人、人工関節や義歯などの金属が体内にある人などはMRI検査を受けることができません。

検査項目

  • 泌尿器の病気
    腎臓や膀胱、尿管の形状、がんや結石などの撮影
  • 肝臓の病気
    肝臓の腫瘍性病変などの撮影

当クリニックの考え方

大病院などでは機械の設備があっても長時間お待たせしてしまうことが多いので、当院が提携している検査専門の機関へご紹介いたします。

記事の更新日時

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

詳しいプロフィール

Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・平松

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

■東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。