ぼったくり美容外科発見❗切らないフェイスリフトで400万円⁉

いち医師として、心底残念に思ったお話をさせてください。

以前から悪い噂が聞こえて来た美容外科の大クリニックチェーンですが、そこで切らないフェイスリフトを受けたことがある患者さんから聞いた話です。

切らないフェイスリフトで計400万円也

当院ではハッピーリフトという名前の切らないフェイスリフトを8本入れた場合24万円で行なっていますが、

そのぼったくり美容外科では20本入れてなんと400万円❗

請求されたんですって。

当院は一般的な美容外科・美容皮膚科よりは治療料金は少し高めに設定しています(その理由は後ほど述べますね)。当院でハッピーリフトをもし20本入れた場合は60万円になるんですけど(実際は多く入れると入れるほど安くなりますので37万程度です)。

大手チェーンクリニックは少し高めの価格設定である当院の6倍以上を請求しているんです。

当院の実勢価格?のなんと10倍です❗糸を使用して顔のたるみを改善するため、使用する糸の値段が結構高いということも考えられますが、その患者さんの顔に埋め込まれていた糸は普通に使われるスレッドリフト用のもので、一本当たりに単価も当院で使用しているハッピーリフトより安いものでした。

スレッドリフトで治療できる顔の部位

当院が価格を高めに設定している理由は治療料金の安さだけに魅力を感じて訪れる患者さんに取っては、あえて敷居を高くしています。

ウェブページをジックリご覧になって、医師の経歴もチェックして、なかにはいい加減なことが書かれてある可能性もある口コミサイトを見て、さらに他のクリニックと比較しながらあえて当院を選択してくれた患者さんに対して、私たちは感謝の意味で二回目からの治療はかなり正規料金よりダウンさせた料金で治療・施術を行なわせていただいています。

当院のシステムは「おなじみさん」になれば、通えば通うほど安くなるという「ハトヤの三段逆スライド方式」になっています??

ハトヤの三段逆スライド方式

安い料金で患者さんを集めて、実際は高額な料金を請求する

今ではあまり聞かなくなった言葉で「ぼったくりバー」というのがあります。安い料金で「3000円ぽっきりで飲み放題、いい子つけますぜ、えっへっへ」という下卑た客引きに案内され、どう見ても「いい子」ではないオバさんとお酒を飲んで、お会計をしようとすると「36万円でーす」なんてシステムのバーを「ぼったくりバー」と呼んでいました。

ぼったくりBARのような美容外科クリニックがあります

http://www.hou-nattoku.com/consult/997.php

この問題の美容クリニックの広告を見ると「切らないお顔のたるみ⋯36万円」となっています。どのような治療を行なっているのかについてはサイトのページをクリニックしまくったのですが、全く判明しません。とにかく「メール相談」「無料相談」をメール、又は電話で行なわないと詳細がわからないシステムのようです。

心の底からそのクリニックにメール相談するなり、電話で予約してどのような無料カウンセリングが行なわれるのか、覆面調査しようかと思ったくらいです。

しかし、万が一私の面が割れた場合「業務妨害」的な訴訟を起こされても厄介なので、やめときました。実際ところやめといて良かったです、行ったらそれこそ私も洗脳されちゃったかもです 怖っ。

美容整形フェイスリフトで集団提訴

そういえばこんな出来事もありましたね。画像は今回のボッタクリとは関係ないあくまでイメージです❗

カウンセリング中、治療中にどんどん洗脳されてしまう

そのクリニックで400万円を請求された患者さんですが、初めにカウンセラーという女性が出て来て「今この治療をすれば、こんなおまけも付けちゃうし、もしも効果が出なかったら追加料金無しで一年間フェイスリフトを維持できますよ」とガンガン売りつけて来るそうです。

良く聞くエステのような強引な売り込みではなく、信頼関係が作り上げられるくらいに親身になって相談というか、カウンセリングというか売り込みをしてくるんだそうです。

さらに治療が始まっても「もう少し糸を入れるともっと効果がでますよ、この方式は当院グループ独自のもので他では真似出来ない方法なので少し高めになりますけど」なんて耳元で囁かれると言うか、洗脳され続けるというか、ついに相手が最終価格を提示してきました。

それが「400万円!」もちろんその患者さんも言いました「400万円??」

オプションを付けてさらにキャンペーン価格で50%オフ

あまりの高額に驚いても、既に治療は行なわれています。「そんな高額は⋯」と言った所「一年間の保障もつきますし、今キャンペーンがありますから半額の200万円でOKです」と言われて素直に支払って帰宅したそうです。

当院を訪れたのは少し気になる所があるので、ヒアルロン酸を入れられないかとの相談でしたが、私たちがそのレベルの美容整形で400万円❗を聞いてひっくり返りそうになったとき、患者さんはいいました「でもキャンペーンなんで200万円ですんだんですよ〜」って。まるで誘拐されて人が犯人に好意をもつストックホルム症候群状態みたいになってしまっていました。

これ完璧に洗脳されているか、自分を自分で納得させる心理なのか理解できなかったので「当院で同じことをやれば六分の一の価格でできますよ」なんで傷つけるような発言は控えました。気になる部分ヒアルロン酸を注入して(まともに切らないフェイスリフトを行なえばヒアルロン酸なんてそこの場所に入れる必要は本来ないんですけどね)治療費として12万円(消費税・麻酔・診察等すべてこみ)の12万円ぽっきり料金でお帰り頂きました。

患者さんは納得している風を装ってはいましたけど、ヒアルロン酸の注入で当院を選択したってことは、そのボッタクリクリニックには行きたくなかった心理が働いたに違いありません。

この話嘘くさいと思われるでしょうけど、ホントウのことです(そのクリニックと患者さんが特定できない範囲ではアレンジしています)。

一つだけ心残りがあります、一か八かで「120万円です❗」って言えば良かったというダークサイドに落ちそうになってしまった本年上半期の大事件、「某有名美容外科のぼったくり事件」として記録するためにブログとして書き残しておきます。

執筆者情報

桑満おさむ医師

このブログ記事の筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

医学情報を、難解な医学論文をエビデンスとしつつも誰にでもわかるようにやさしく紹介していきます。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読するインスタで桑満おさむ医師のアカウントをフォローする