●一般診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-50-5929

一般診療TEL03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

一般診療フリーダイヤル0120-70-5929

一般診療TEL03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木・日・祝日休)

4月の消費税アップで医療費は増えるのか、減るのか?

医療費は消費税がかかっていません

「先生、4月から消費税がアップするので早めに来院しました!」と駆け込んでくるおばさんが増加しています。でも、医療費ってもともと消費税って掛かっていないことご存知でしたか?せっかく予定を変更して駆け込んできたおばさんには「医療費も4月から見直しになるから、窓口負担変わるかもね」と私は大人の対応をしました。

二年に一度薬の価格と診療費の価格が見直されますが、ちょうど今年がその年にあたります。

2014年消費税アップ_-_Google_検索
http://h-assist.com/よりお借りしました。

医療機関は仕入れに消費税を払っています

患者さんから消費税を取れない医療機関ですが、仕入れに関しては注射針、薬はもちろん高額な医療機器もなぜか消費税を払わなければならないことになっています。

消費税が日本で採用された1989年4月1日の時点で、医療にまつわる仕入れに対しては消費税を払わないといけないけど、診療報酬は薬を含めて消費税は受け取らないという不思議な取り決めがされました。当時、政治的な取引として、消費税分を診療報酬を若干上げるのでそれで吸収してください、ということになっていました。

昔は強力な圧力団体であった日本医師会ですが、急激に政治力がおちてきていた時代ですので、この取引が成り立ったのですね。
www_mhlw_go_jp_file_06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku_0000038947_pdf

院内処方である当院の欠点というか損失

当院は私の考えもあり、基本的に薬は医師が直接患者さんに渡すという旧式のスタイルをとっています。薬剤師の方には申し訳ないのですが、泌尿器や皮膚科は裏技がありその医師側の気持ちを十分に理解していただける場合が少ないのです。

例えば、ある前立腺の薬は「血圧に作用します」と薬剤師の方は説明することがありますが、現実問題となるような血圧への影響は実践ではほとんどないのですが、説明を受けた患者さんは「あの先生、自分が血圧の薬飲んでいるのを知っているのに、血圧に影響がある薬をだした」と感じて医師に不信感を持つ場合が結構あります。

薬剤師さんと密に連絡を取り合っている場合はそのようなことは無いのでしょうけど、当院は立地上、駅前とかではなく近隣に調剤薬局が無いという条件もそのようになっている理由の一つです。

消費税アップでも、医療費はあまり変化がないかも

気になる2014年の医療費の変化ですが、薬は薬価ベースで全体的には2.65%下がることになります。1000円の薬代でしたら973円に値下がりです。でも、医者って薬を使えば儲かるんだろう、という声もでるでしょうが、全然ちがいます。1000円の薬を仕入れた場合、原価は950円くらいでクリニックに納入されます。それに現行の消費税5%が加わりますので、997.5円で仕入れます。利益はたったの2.5円です、1000万円分薬を使っても、利益は2万5千円なんです。

薬をいっぱいだす医師が金儲け主義をいうのは今から30年以上前の薬価差益が30%くらいあった時代であり、私が開業した17年前でも薬は使えば使うほど、クリニックとしてはデッドストックや使用期限切れが生じて全然儲かりませんでした。

実際に診察した場合に頂ける診療報酬の方も今回の改訂では全体的に削られる傾向にあります。唯一、往診とか在宅医療に対する診療報酬は増やしていただけるようですが、当院は外来専門で往診も行っていませんので、恩恵を受ける立場にはありません。患者さんの負担は全体的には下がることになりますが、競争の激しい都内のクリニックでは苦しい状況に追い込まれるところが増えるかもしれません。

gossip_-_Google_検索

ひょっとしたら当院を受診したら余計な必要ない検査とかバンバンされるかもしれませんよ〜!ってわけありません。消費税アップ駆け込みおばさんのように、主婦の情報網はLINEより発達していますので、「五本木クリニック、最近やたらと採血しない?」なんて会話をスーパー何かでされた日には当院は翌日から閑古鳥が鳴き始めます。

五本木クリニックのブログを購読する

五本木クリニック院長のtwitterアカウントをフォローfeedlyで五本木クリニックのブログを購読する