五本木クリニックHOME診療科目一覧泌尿器科おしっこ(尿)の量が少ない

おしっこ(尿)の量が少ない

症状

おしっこの量が少ない症状を「乏尿(ぼうにょう)」といいます。
健康な成人の1日の尿量は、個人差がありますが、だいたい1000ml~2000ml程度です。何らかの原因で尿の排泄量が低下し、1日に400ml以下しか尿がでないことを「乏尿」といいます。さらに、1日50ml以下しか出ない場合を特に「無尿」とよびます。
これらの状態では、排出するべき体の不純物を尿として十分に排出できないため、足や顔にむくみ、ひどくなると呼吸困難がでてきます。また、尿は体の不純物を外に出す役割を果たしているので、おしっこの量が減少することにより不純物が体にたまり、全身のだるさ、吐き気、不整脈などの症状がでることがあります。
血液検査や尿検査、超音波検査など適切な検査を行い、原因を調べて治療を検討することが大切です。

原因

乏尿や無尿の原因としては、「腎前性」「腎性」「腎後性」の3つに分けられます。
「腎前性乏尿・無尿」は、腎臓自体に病気はなく、腎臓に十分な血流が行かないことによって起きるものです。原因としては、脱水症、ショック、出血、心臓の病気、全身性の感染症などがあります。
「腎性乏尿・無尿」は、腎臓そのものの病気によるもので、原因としては、X線の造影剤や、筋肉細胞の一部が壊死し血液中に流出する横紋筋融解症、腎毒性の薬などにより尿細管が壊死する急性尿細管壊死、尿が溜まる腎盂に細菌が繁殖する慢性腎盂腎炎、尿の流れがせきとめられて尿道や腎臓の中に尿がたまって拡張してしまう水腎症などがあげられます。
「腎後性乏尿・無尿」は、尿路や膀胱に障害あるもので、原因としては、尿路に起こる結石、腫瘍、炎症などがあり、尿路外の病変としては骨盤内の悪性腫瘍の進展やリンパ節転移などによる圧迫などがあります。

疑いのある疾患

急性腎障害(腎前性、腎性、腎後性)

乏尿や無尿の原因として、急性腎障害があげられ、腎前性、腎性、腎後性の3つに分けられます。

症状としては、乏尿、無尿の他に、むくみ、全身のだるさ、吐き気、呼吸困難などがあらわれます。合併症として、心不全や高カリウム血症があり、原因に対する治療と、場合によっては、おしっこを体外へ送り出し、専用機器を使って老廃物を取り除く透析(とうせき)が必要になることもあります。

ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください
メールでのお問い合わせ

ページトップへ戻る

五本木クリニックは、泌尿器科、皮膚科、内科、形成外科、美容皮膚科、美容外科を診療します。