経結膜脱脂法(脱脂術):目袋の脂肪を抜き出し目の下のたるみを解消

同じ症状でも、カウンセリングによって提案する治療法が変わる場合もあります。
ここでは、代表的な治療法をご紹介しています。

    結膜に穴を開けて目袋の脂肪を抜き出します

    年を重ねるごとに目の下はたるんできます。当初は目の下のクマと認識していてもだんだん悪化していきます。涙袋、目袋などと呼ばれています。治療は切る手術と切らない手術がありますが、脱脂術とは、下まぶたの裏側の結膜という部分に穴を開けて、そこから目袋の原因となっている脂肪を抜き出す治療です。下瞼の裏側の結膜からアプローチして脂肪を除去するため、「経結膜脱脂法」と呼びますが、略して「脱脂術」とも呼ばれます)。

    レーザーで小さな穴を開けるのみ

    下眼瞼切開法では切開をしますが、経結膜脱脂法ではレーザーで小さな穴を開け、そこから脂肪を抜き取るので傷跡が残りません。

    このような症状に有効です

    • 目袋(目の下のふくらみ)

    経結膜脱脂法の治療の流れ

    こちらは標準の治療の流れです。
    具体的な治療は個人によって異なります。詳しくは直接医師やスタッフよりご説明いたします。

    1. STEP1

      当クリニックの専門医がカウンセリングをおこない、治療方法を決めます。

    2. STEP2

      点眼麻酔と局所麻酔を行います。

    3. STEP3

      下まぶたの裏側の結膜にレーザーで小さな穴を開けます。

    4. STEP4

      たるみ・脂肪を除去してすっきりさせます。痛みはほとんどありません。

    5. STEP5

      止血をして終了となります。ごく小さな穴ですので縫合の必要はありません。4〜5日間、軽い腫れがあります。

    治療時間は両目で40〜50分程度です。
    ※当クリニックでは、美容外科の専門医師が下まぶたの経結膜脱脂法を担当いたします。

    治療後も、ご質問・ご心配事等ありましたらいつでもお問い合わせください。

    症例写真


    Before

    After

    注意事項

    • 入浴

      当日から可能です。

    • メイク

      当日から可能です。

    • 飲酒・運動
    • 治療できない方

    治療できない方の中でも例外があります。詳細はご相談ください。
    不明点・不安点は、どのようなことでも医師にご相談ください。

    Q&A

    経結膜脱脂法について、よくある質問はこちらをご覧ください。

    費用

    経結膜脱脂法(脱脂術) 55万円

    その他の治療の費用ページを確認する

    医師の紹介

    松下洋二医師

    このページの筆者:松下洋二
    Yoji Matsushita, M.D.

    鳥取大学医学部卒業後に京都大学医学部形成外科に入局。大学附属病院などで形成外科・美容外科で働いた後、2007年より五本木クリニックの美容診療部の部長に就任。

    お知らせ

    10月05日
    新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
    当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
    COVID-19 research Japan
    10月01日
    インフルエンザの予防接種を開始しました。
    来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
    09月03日
    当院は東京都から指定を受けた診療・検査医療機関です。
    保健所の負担軽減目的で症状がある、あるいは濃厚接触者である、または濃厚接触者の疑いがある場合は、保健所に連絡不要で当院で抗原検査・PCR検査を受けることができます。詳しくは発熱外来をご覧ください。