肌: シワを消して老けて見られないようにしたい

シワとは

20代から始まっている肌のハリとツヤの喪失から生じてくる症状の1つです。加齢ほか、さまざまな要因で発症します。
シワの原因には加齢が大きく関わっていますが、その他にも紫外線や乾燥といった環境要因もあります。また、”表情シワ”といって皮膚が常に折りたたまれた状態になると、シワが入ってしまうこともあります。

シワができると実際の年齢よりも老けて見えてしまうため、若さを保ちたい方々にとっては大きな悩みの種です。

当クリニックのおすすめの治療法

1 額の横ジワ

人相が悪く見える額の横ジワを改善できます。刻まれてしまったシワにはヒアルロン酸注入表情ジワにはボトックス治療がおすすめです。

2 眉間の横ジワ

きつい印象を与える眉間のシワを改善し、優しい表情へ変えてくれます。刻まれてしまったシワにはヒアルロン酸注入、表情ジワにはボトックス治療がおすすめです。

3 鼻の付け根のシワ

頑固な印象を与える鼻の付け根のシワを改善して柔らかい表情になります。刻まれてしまったシワにはヒアルロン酸注入、表情ジワにはボトックス治療がおすすめです。

4 目尻のシワ

カラスの足跡と呼ばれる嫌な小ジワを改善します。刻まれてしまったシワにはヒアルロン酸注入、表情ジワにはボトックス治療がおすすめです。

5 目の下のシワ

お顔の中で1番早く出てくる、誰もが気になる目の下のシワを改善します。ヒアルロン酸注入をおすすめします。

6 上口唇のシワ

年齢とともに目立つ細かなシワ。手術でも改善できないこのシワが注入直後から改善されます。ヒアルロン酸注入をおすすめします。

7 ほうれい線(鼻唇溝)のシワ

年齢とともに深くなり、年を感じさせるシワです。このシワを改善することで明るく若々しい表情が得られます。ほうれい線は深いので、粒子の大きいヒアルロン酸注入がおすすめです。

8 口角のシワ(口元のハの字シワ)

マリオネットライン(操り人形の口元という意味です)といわれるシワです。このシワを改善することにより、口元が若返ります。ヒアルロン酸注入がおすすめです。

詳しい治療方法を見る

医師の紹介

松下洋二医師

このページの筆者:松下洋二
Yoji Matsushita, M.D.

鳥取大学医学部卒業後に京都大学医学部形成外科に入局。大学附属病院などで形成外科・美容外科で働いた後、2007年より五本木クリニックの美容診療部の部長に就任。

お知らせ

10月05日
新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
COVID-19 research Japan
10月01日
インフルエンザの予防接種を開始しました。
来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
09月03日
当院は東京都から指定を受けた診療・検査医療機関です。
保健所の負担軽減目的で症状がある、あるいは濃厚接触者である、または濃厚接触者の疑いがある場合は、保健所に連絡不要で当院で抗原検査・PCR検査を受けることができます。詳しくは発熱外来をご覧ください。