黒子(ほくろ)

黒子(ほくろ)とは

黒子(ほくろ)は全ての部位に発生するもので、皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞(メラノサイト)が、周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種です。
医学的には、メラノサイトが一層に並んでいるものを狭義の「黒子」といい、メラノサイトが重層したもの(持ち上げられた表皮が盛り上がって見える)を「色素性母斑」あるいは「母斑細胞性母斑」といいます。

心配される人が増えていますが、ほくろが全てメラノーマ(ほくろのがん)に変わるわけではありません。

症状

黒く見えるのが一般的ですが、深い部分でのメラノサイトの増殖の場合は青く見えることもあります。これを青色母斑といいます。
形状は、盛り上がっているもの、平坦なもの、毛を有するものなどさまざまです。
大きいほくろは先天性であることが多く、遺伝的要素も大きいです。
後天的に発生するほくろは、比較的小さなものが多いです。

原因

先天性

遺伝的な要因で、ほくろができやすい体質があり、両親のどちらかがほくろが多いと子供も自然と多くなる傾向があります。

後天性

人の肌は、紫外線を浴びるとメラノサイトがメラニンを作り出します。その過程でメラノサイトが活性化しすぎたり、何らかの刺激を受け異常を起こしたりすることにより、ほくろができます。

また、日頃のストレスや疲労、生活習慣の乱れなどによってできることもあります。
さらに、外部刺激によりできることもあります。下着の締め付けや靴などで皮膚が頻繁に擦れたり、仕事などで体の同じ部分に常に熱や重量がかかっていたりなど、摩擦や圧迫により細胞が傷つくことでほくろができることもあります。

診断と検査

形状によって診断はつきやすいものですが、悪性であるか否かの判断が重要となります。ダーモスコピーと呼ばれるものを使用すれば、悪性か良性かの診断はある程度できます。

ほくろとシミ、あざの診断は専門医でも意見が分かれる場合がありますので、さらに確実な診断のためには皮膚の一部を採取し、顕微鏡での病理検査が必要となります。

当クリニックの考え方・治療方法

診断に特殊なスコープを使用することで、悪性か良性かの診断が可能です。また、皮膚の一部を取るパンチバイオプシーとよばれる生検を行い診断をする場合もあります。

当クリニックでは、「切開手術」「えぐり出し」「レーザー」により治療を行っています。
摘出した病変部は必ず病理検査を行い、万が一の見逃しを防いでいます。悪性の場合は大きく皮膚を切除する必要がありますので、提携先の病院へ紹介いたします。美容目的の場合は保険適用外(自由診療)となります。
なお、自由診療を当方から無理強いをすることはありません。
美容目的の方は、「美容皮膚科」のページをご参照ください。

投稿日: 更新日:

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

皮膚科|一般診療

お知らせ

12月29日
年末年始の休診日
五本木クリニックは2021年12月29日〜2022年1月4日までお休みです。2022年は1月5日の水曜日からスタートです。どうぞよろしくお願いします。
11月04日
保険証登録したマイナンバーカードに対応しました
五本木クリニックではマイナンバーカードが健康保険証として利用できます(健康保険証でもこれまでどおり受診できます)。※マイナンバーカードを健康保険証として利用するために、マイナポータルから健康保険証利用の「初回登録」が必要です。
10月05日
新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
COVID-19 research Japan
10月01日
インフルエンザの予防接種を開始しました。
来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・野波

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院

一般診療
診療日
月・火・水・金
9:30~12:30/15:00~18:30

土 9:30~12:30
休診日
木・日・祝
受付時間
9:00〜12:15/14:30〜18:15

内科・泌尿器科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7000

美容診療
診療日
月・火・水・木・金・土
10:00~18:30

※完全予約制です。ご予約はお電話ください。
休診日
日・祝
受付時間
10:00〜18:30

美容外科・美容皮膚科

フリーダイヤルがご利用になれない場合は03-5721-7015

© 2021 GOHONGI CLINIC 五本木クリニック