●一般診療のお問い合わせ

0120-50-5929

03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

0120-70-5929

03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木曜・祝日休)

泌尿器科

特発性腎出血

特発性腎出血とは

腎臓から突然出血して、真っ赤な尿(肉眼的血尿)が数時間から数日にわたって続く病気です。20〜30歳代に多く、男女差はありません。多くの場合、血尿は自然に消失してしまいます。

症状

ほとんどの場合、自覚症状がないまま、突然目で見て分かる血尿が出ます。血尿以外の症状が現れることはあまりありませんが、出血した血液が尿路に詰まるなどして痛みを伴うことがあります。出血によって貧血を起こしたり、腎臓の働きが悪くなったりする可能性はほとんどありません。

通常は、経過観察をするうちに血尿は自然に治まります。ただし、血尿を繰り返し起こす場合には、治療が必要になることがあります。

原因

「特発性」という病名が示すように、腎臓からの出血の原因ははっきりとは分かっていません。ただし、自律神経異常、激しい運動後や腎低酸素症、腎杯静脈交通、アレルギー性腎出血、微小病巣からの出血、線溶系異常による出血、抗凝固薬服用などが関わっている場合もあります。

また、何らかの原因によって腎臓内にうっ血が生じるために出血するのではないかとも推測されています。

診断と検査

がんや結石の検査をいろいろ施行しても血尿の原因がはっきりしない場合、その他の原因となる疾患が明らかでない場合の診断として突発性腎出血となります。

当クリニックの考え方・治療方法

当院で可能なエコー、細胞診、膀胱ファイバスコープを行い、原因が分からなければCTや尿管鏡検査などができる病院へ紹介します。

治療は基本は安静経過観察のみですが、まれに焼灼術となることもあります。

処方される主な薬

止血剤くらいです。