• サイト内検索ボタン
  • クリニックへ電話
  • お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

尿道下裂

尿道下裂とは

男性の尿道の先天的な形態異常で、排尿するための外尿道口が亀頭の先端に開口せず、亀頭より手前に開いています。

外尿道口が開口する位置によって、亀頭部下裂、陰茎部(おちんちん)下裂、陰嚢部(睾丸と副睾丸が収まっている袋)下裂、会陰部(陰嚢と肛門間)下裂に分かれます。多くの場合は、軽度の病状です。

症状

最も軽度な亀頭部下裂では、ほとんど障害はありません。

陰茎下部裂では本来、尿道のあるべき部分が引きつれていて陰茎が腹側(下面)に湾曲しているため、立って排尿するのが困難になります。

陰嚢部下裂や会陰部下裂では、陰嚢が左右に二分された状態(二分陰嚢)、矮小陰茎、陰茎前位陰嚢があります。また、停留精巣の合併症が多く見られます。

原因

男性の陰茎や尿道の形成には、胎生期の男性ホルモン(アンドロゲン)などの内分泌環境が重要な役割を果たしています。

尿道下裂の発生には、胎児の精巣でのホルモン産生や作用異常が関与し、陰嚢部下裂や会陰部下裂では、内分泌環境や遺伝子異常が関係しています。

一方、亀頭部下裂や陰茎部下裂では、親の喫煙や食事、生活環境など、さまざまな外的要因が原因になります。

診断と検査

家族内発生の有無や、母親が妊娠中にホルモン剤や解熱鎮痛剤を使用したかどうかを聴取します。家族内発生がある場合は染色体検査やホルモン検査を行います。内性器・性腺の確認のために内視鏡検査を行う場合もあります。

当クリニックの考え方・治療方法

手術を希望される方は手術のできる施設をご紹介します。

処方される主な薬

薬での治療はできません。

記事の更新日時

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

詳しいプロフィール

       

泌尿器科 |一般診療

Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・平松

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

■東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。