乏尿(ぼうにょう)

乏尿とは

尿量は飲食した水分量、気温、湿度などの環境条件、下痢や嘔吐(おうと)といった症状の有無などによって変化しますが、尿量が極端に減少した状態を乏尿といいます。

症状

一般的には成人男性の平均的尿量は1,500ml程度、女性で1,200ml程度ですが、1日の尿量が400ml以下になった状態を乏尿といいます。

また、乏尿よりもさらに尿量が低下し、50ml以下になった状態を無尿といいます。

原因

乏尿には、腎前性、腎性、腎後性の3つのタイプに分けられ、それぞれ原因が異なります。

  • 腎前性乏尿
    腎前性乏尿は、腎臓での尿生成以前に原因があるタイプで、多くは腎臓への血液供給の減少で起きます。その原因としてはショック、出血、心臓病などによる血液の循環不全、嘔吐や下痢、激しい発汗による循環血液(血漿)の減少、腎動脈の閉塞などがあります。
  • 腎性乏尿
    腎性乏尿は、腎臓の障害で腎臓でつくられる尿の量が減少することです。その原因として最も多いのが急性尿細管壊死です。そのほか、ネフローゼ症候群、慢性腎盂腎炎、水腎症、腎結核なども原因になります。
  • 腎後性乏尿
    腎後性乏尿は、腎盂や尿管の閉塞によって尿量が減少した状態です。その原因としては、尿管結石や腫瘍、炎症性狭窄などがあります。また、骨盤内悪性腫瘍の進行やリンパ節転移などによる圧迫なども原因になります。

診断と検査

採血と尿検査、あとは排尿日誌(1日の飲水量と尿量を付けてもらう)で診断します。尿閉ではないかを判断するために超音波検査は必須です。

当クリニックの考え方・治療方法

いずれのタイプでも、治療の目的に応じて連携の病院を紹介します。腎前性と腎性は内科へ、腎後性は泌尿器科への紹介となります。

処方される主な薬

補液、利尿剤、手術など、原因に合わせて治療をします。

投稿日: 更新日:

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

お知らせ

10月05日
新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
COVID-19 research Japan
10月01日
インフルエンザの予防接種を開始しました。
来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
09月03日
当院は東京都から指定を受けた診療・検査医療機関です。
保健所の負担軽減目的で症状がある、あるいは濃厚接触者である、または濃厚接触者の疑いがある場合は、保健所に連絡不要で当院で抗原検査・PCR検査を受けることができます。詳しくは発熱外来をご覧ください。
Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・野波

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院