腎盂腎炎

腎盂腎炎じんうじんえんとは

腎臓は、血液を濾過して尿をつくる臓器です。腎実質(皮質と髄質)でつくられた尿は、腎杯から腎盂に送られます。細菌に感染して腎盂や腎杯、さらには髄質に炎症を起こします。外尿道口と肛門が接近している女性に圧倒的に多く見られます。

症状

急性と慢性があり、それぞれ症状が異なります。

急性腎盂腎炎

急性腎盂腎炎では、悪寒や震えを伴う38℃以上の発熱、吐き気、嘔吐などの風邪に似た症状が現れます。頻尿になりますが、1回の尿量は少なく、排尿痛や残尿感があります。また、白血球が混入して尿が白濁します。

慢性腎盂腎炎

活動性の慢性腎盂腎炎では、急性腎盂腎炎と同じような症状が現れます。非活動性の場合は、微熱、食欲不振、吐き気、全身の倦怠感などの症状が現れますが、症状がないこともあります。

原因

原因となる細菌はほとんどが大腸菌です。ほかに緑膿菌、腸菌があります。最も多い感染経路は、外部から尿道をさかのぼる上行性感染です。尿道炎や前立腺肥大症、尿路結石、膀胱尿管逆流現象などがあると尿の流れが悪くなり、上行性感染を起こしやすくなります。

そのほかに、別の部位に存在した細菌が血流に乗って腎臓に運ばれる血液性感染、リンパ液の流れに乗って腎臓に運ばれるリンパ性感染があります。
糖尿病などの疾患や、ステロイド薬や抗がん剤などの薬剤で細菌に対する免疫力が低下していると腎盂腎炎を起こしやすくなります。

診断と検査

尿検査で膿尿を確認し、高熱と左右どちらかの背部痛があれば診断されます。尿管結石などにより水腎症が合併する場合は重症化しますので緊急入院とし、緊急で尿路閉塞を解除しなければなりません。

当クリニックの考え方・治療方法

単純性で、血圧低下などがない比較的軽症例は外来、抗生剤投与と飲水励行で経過を見ます。水腎症合併例は緊急入院を依頼します。

処方される主な薬

抗生剤

記事の更新日時

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

詳しいプロフィール

Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・平松

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

■東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。