腎梗塞(じんこうそく)

腎梗塞とは

腎臓に血液を送り込む腎動脈や、そこから枝分かれした分枝腎動脈に血流障害が起きることによって、その動脈から酸素や栄養を得ていた組織が壊死する病気です。

壊死した組織は吸収されて線維成分に置き換えられて硬くなり、引きつった状態となります。

症状

血液の流れが悪くなった(梗塞)腎臓の側の腹部が急激に激しく痛みます。また、39℃前後の発熱や吐き気、嘔吐などを伴います。ときには、血尿や尿量の減少、数週間にわたる一時的な高血圧などが見られることがあります。

さらに、白血球の増加、肝機能障害を示すASTやALT値の顕著な上昇、血漿レニン活性やアルカリホスファターゼなどの腎機能障害を示す値が上昇することがあります。一方、梗塞が緩やかな場合には、無症状のこともあります。

原因

血管をふさぐ物質(塞栓)、血液の塊(血栓)によって腎動脈や分枝腎動脈が詰まることで発症します。原因として最も多いのは、心臓の弁に異常がある心臓弁膜症、心内膜炎、心房細動などの心疾患によるものです。これらの心疾患によって心臓内のできた血栓が剥がれ、それが血流に乗って腎動脈や分枝動脈をふさぎます。

また、動脈硬化に伴って腎動脈や分枝動脈自体に血栓ができ、そこから先の血流が途絶えて起きることがあります。
外傷や血管内カテーテル操作後の続発性内膜損傷が原因になることもあります。

診断と検査

造影CT検査が必須です。

当クリニックの考え方・治療方法

結石の症状に似るのですが、尿潜血がないという場合に、心房細動などの既往があれば疑います。血栓溶解療法のできる施設へ紹介します。

処方される主な薬

可能なら血栓を溶かす薬剤を使用します。再発予防にワーファリンを使用します。

投稿日: 更新日:

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

桑満おさむ医師のプロフィール詳細

お知らせ

12月29日
年末年始の休診日
五本木クリニックは2021年12月29日〜2022年1月4日までお休みです。2022年は1月5日の水曜日からスタートです。どうぞよろしくお願いします。
11月04日
保険証登録したマイナンバーカードに対応しました
五本木クリニックではマイナンバーカードが健康保険証として利用できます(健康保険証でもこれまでどおり受診できます)。※マイナンバーカードを健康保険証として利用するために、マイナポータルから健康保険証利用の「初回登録」が必要です。
10月05日
新型コロナワクチンの有効性に関する研究について
当院が長崎大学熱帯医学研究所呼吸器感染症学分野に協力している新型コロナワクチンの有効性の研究の途中経過がプレスリリースとして公表されました。
COVID-19 research Japan
10月01日
インフルエンザの予防接種を開始しました。
来院時に接種あるいは予約をしてください。受診日が遅くなる方は電話での予約も受け付けています。なお65歳以上の方に送付されている都内23区内予診票をお持ちの方は当院で接種を受けることができます。
Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・野波

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。
Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院