●一般診療のお問い合わせ

0120-50-5929

03-5721-7000

お電話受付時間

診療時間に準じます。

●美容診療のお問い合わせ

0120-70-5929

03-5721-7015

お電話受付時間

10:00~18:30(木曜・祝日休)

泌尿器科

尿蛋白

尿蛋白とは

尿蛋白は尿に含まれる蛋白のことで、蛋白が尿に漏れ出ている場合を蛋白尿といいます。健康診断の尿検査によって指摘されることがあります。

健康な人でも1日150mgまでは認められますが、一過性のものであれば特に問題ありません。1日150mg以上が継続的に見られる場合、病気が潜んでいる可能性があります。

一過性蛋白尿

発熱、激しい運動後、ストレスなどで起こりますが、特に問題ありません。

間歇性(かんけつせい)蛋白尿

一時的な蛋白尿を繰り返すもので、ほとんどの場合は問題ありませんが、持続性蛋白尿に移行する場合があるため、長期的な観察が必要です。

持続性蛋白尿

複数回の尿検査で常に陽性判定が出る場合は、病気の疑いがあるため確定診断を進めます。原因によって腎前性、腎性、腎後性の3つのタイプに分けられます。
早朝尿が陰性の場合は体位性蛋白尿の疑いがあり、年に数回の尿検査とクレアチニン・クリアランスおよび血圧測定を行います。

診断と検査

基本的な尿検査としては、尿試験紙法と尿沈渣法があります。
尿試験紙法では、尿試験紙を尿に浸して検査を行います。試験紙が変色し、色の違いによって陽性(1+、2+、3+)、偽陽性(±)、陰性(−)と判定されます。
陽性と判定された場合、それが病的なものかどうかを判定するために、再度検査を行います。ほかに血液検査、血液生化学検査、免疫血清検査などがあります。

持続性蛋白尿と判断された場合は、1日尿蛋白量の測定を行い、24時間の尿を蓄尿した上で診断を進めます。ほかに腹部エコー、IVP(静脈性腎盂造影)、CT、腎機能、腎生検などを行います。

健康診断の尿潜血項目で陽性/偽陽性と判定された方へ

陽性(1+〜3+)

+の数が多くなるほど、尿に含まれる蛋白の量が多いことを示しています。「要検査」という判定の場合は医療機関の受診をお勧めします。

偽陽性(プラスマイナス/±)

陽性と陰性のほかに偽陽性(±)と判定されることがあります。陽性といえるほどではありませんが、陰性よりも蛋白尿が多い状態です。発熱、激しい運動後、ストレスなどが原因の場合や、尿試験紙自体の劣化、薬剤による偽反応の場合があります。

<尿蛋白の基準値>
尿1dl(1デシリットル=100ミリリットル)に含まれる蛋白量を測定します。尿試験紙(あくまでスクリーニング検査なので偽陽性が多く見られる)によっても異なりますが、おおよその基準値は以下のとおりです。

  • 偽陽性(±)… 15mg /dl
  • 陽性(1+)… 30mg /dl
  • 陽性(2+)… 100mg /dl
  • 陽性(3+)… 300mg /dl

尿蛋白で疑われる病気

  • 多発性骨髄腫、溶血、横紋筋融解症
  • 糸球体腎炎、糖尿病性腎症、腎硬化症、ループス腎炎、アミロイド腎
  • 間質性腎炎、中毒性腎障害、先天性尿細管疾患
  • 尿路結石症、炎症、腫瘍

当クリニックの考え方・治療方法

スクリーニングで陽性とされたら定量検査を行います。
定量検査で高い値が出た場合は腎中心の血液検査を行い、必要に応じて専門機関をご紹介いたします。

処方される主な薬

原発性糸球体腎炎等が原因の場合はステロイドが処方されます