血液検査

血液検査とは

血液は、主に赤血球や白血球、血小板といった血球と、血漿と呼ばれる液体成分で構成されています。そのほかにも、蛋白質(アルブミン、グロブリン、抗体、酵素など)、脂質(中性脂肪、コレステロールなど)、ブドウ糖、電解質(カルシウム、マグネシウムなど)、無機質(鉄、亜鉛など)、分解物質(尿素、尿酸など)といった多くの成分が含まれています。

血液中に含まれるこれらの成分の値を測定することで、異常がないかを調べます。

検査で分かる病気

  • 血尿
  • 横紋筋融解症
  • 腎膿瘍
  • 乏尿
  • 尿崩症
  • 精巣上体炎
  • ED(男性機能障害)
  • 急性腎障害(AKI)
  • 尿閉
  • 精嚢炎
  • 前立腺がん
  • 前立腺肥大症
  • 男性更年期障害(LOH症候群)
  • 尿道下裂
  • 尿細管性アシドーシス(RTA)
  • アトピー性皮膚炎
  • 蕁麻疹
  • 接触性皮膚炎(かぶれ)
  • 皮膚細菌感染症(蜂窩織炎、丹毒など)
  • 高血圧症
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 脂肪肝
  • 溶血性貧血
  • 糖尿病
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎)
  • 痛風(高尿酸血症)

など

検査方法

血液検査をするためには注射針による採血が必要です。採血には、静脈から採血する静脈採血と、動脈から採血する動脈採血があり、ほとんどの場合は静脈採血です。

採血された血液は、検査の目的に応じて分析器で異常の有無を調べます。

検査項目

  • 泌尿器の病気:
    ホルモン検査、腫瘍マーカー検査など
  • 皮膚の病気:
    アレルギー検査など
  • 代謝系の病気:
    血糖、HbA1c、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪の検査など
  • 肝臓の病気:
    AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GPT、総タンパク、アルブミン、中性脂肪の検査など

当クリニックの考え方・治療方法

採血し、提携している検査会社にてお調べいたします。

検査内容にもよりますが、大体1週間ほどで検査結果が出ますので、再度診察にご来院いただきます。

記事の更新日時

このページの執筆した医師

桑満おさむ医師

このページの筆者:桑満おさむ
Osamu Kuwamitsu, M.D.

1986年横浜市立大学医学部卒業後、同大医学部病院泌尿器科勤務を経て、1997年に東京都目黒区に五本木クリニックを開院。

患者さん1人ひとりのホームドクターになるという理念のもと、常に敷居が低くどなたでもお気軽に来院できるクリニックを目指しています。技術の向上はもちろんですがより新しい医療機器や治療方法・医学情報の提供につとめています。患者さんとの会話を大切にしています。

詳しいプロフィール

Schedule of Doctors

泌尿器科の担当医表

日・祝
 

日・祝

9:30~12:30

休診

永田秋山・平松

休診

15:00〜18:30

休診

永田・渡辺

休診

休診

Affiliated Medical Institutions

主な提携医療機関

■東京大学医学部附属病院 ■東京大学医科学研究所附属病院 ■がん研究会有明病院 ■東京共済病院 ■国立病院機構東京医療センター ■厚生中央病院 ■東邦大学医療センター大橋病院 ■順天堂大学医学部附属順天堂医院

access

五本木クリニックの場所

contact

お電話でのお問い合わせ

9:30~12:30/15:00~18:300120-50-5929タップで電話をかける

※木曜・土曜午後・日曜・祝日は休診です。